EXILEの佐藤大樹と橋本環奈がW主演で高校生小説家に!『小説の神様』公開決定 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2019/12/16 12:00

EXILEの佐藤大樹と橋本環奈がW主演で高校生小説家に!『小説の神様』公開決定

「このミステリーがすごい!2020年版」と「2020本格ミステリ・ベスト10」で第1位を受賞した「medium 霊媒探偵城塚翡翠」の著者、相沢沙呼が執筆した同名小説を、主演に人気ダンス&ボーカルグループのEXILEに所属し、またFANTASTICS from EXILE TRIBEとしても活動する佐藤大樹と若手女優の橋本環奈を迎え映画化した『小説の神様』が、2020年5月22日(金)から公開されることが決定した。

中学生で作家デビューしたものの、発表した作品は酷評され売り上げも振るわず、自分を見失いそうになっているナイーブな高校生小説家の千谷一也と、ドSな性格だがヒット作を連発する高校生小説家の小余綾詩凪に編集者から「2人で協力し、1つの物語を作り、世の中の人の心を大きく動かす大ベストセラーを生みだす」というミッションが与えられる。性格、クラスでの立ち位置などすべてが真逆の2人は反発しあいながらも物語を一緒に作っていくことに。やがて、千谷は小余綾の抱える大きな秘密を知ってしまう…。

本作の主演を務めるのはEXILEに所属し、またFANTASTICS from EXILE TRIBEとしても活動する佐藤大樹。『ママレード・ボーイ』や『センセイ君主』(どちらも18年)などに出演し俳優としても活躍する佐藤はナイーブで売れない高校生小説家の千谷一也を演じる。佐藤は本作の出演に対し「僕が演じる一也は普段の僕とは真逆の見た目や性格でした。だからこそ演じ甲斐がありました」と語っている。また、同じく主演を務めるのは、「銀魂」シリーズや『午前0時、キスしに来てよ』(公開中)などに出演する若手女優の橋本環奈。テレビドラマやCMなど数多くの作品に出演する橋本は、千谷と同じクラスのドSな性格を持つ売れっ子作家の小余綾詩凪を演じる。橋本は本作の出演に対し「過去作で高校生役は数多く演じさせていただきましたがクラスに職業作家が2人いるというリアリティのありそうで無さそうなこの役はある種新たなる挑戦でもありました」と自身もこれまでにない役どころに挑戦した作品であったことをコメントしている。W主演の佐藤と橋本がどんな掛け合いをみせるのか注目せずにはいられない。そして、本作の監督を務めるのは、「HiGH&LOW」シリーズを手掛け、さらに500本以上のMVを世に送りだした久保茂昭。「小説という能動的な美しい文体の芸術を映像という受動的な芸術で挑戦していく。この小説との出会いは僕にそんな夢を与えてくれました」と語る久保は、持ち前のみずみずしくビビットな映像演出で繊細でドラマチックな物語を紡いでいく。

“夢を見失い自身の才能と現実のギャップに悩み、傷つきながらも挑戦していく登場人物の姿”が心に響くとしてSNSや書店員からの発信により話題となった原作小説がついに映画化。はたして、佐藤演じる千谷と橋本演じる小余綾の苦悩、努力、挑戦の先にはどんな結末が用意されているのか。ぜひ今後の情報を心待ちにしたい!