• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • “フェラーリ好き”の堂本光一、アンバサダーとして『フォードvsフェラーリ』を応援!
  • NEWS

“フェラーリ好き”の堂本光一、アンバサダーとして『フォードvsフェラーリ』を応援!

2019年12月14日 4:00

車好きで知られるKinKi Kidsの堂本光一が本作に寄せたコメントも到着 | [c] 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

「ボーン」シリーズのマット・デイモンと「ダークナイト」シリーズのクリスチャン・ベールが初共演し、主演を務める『フォードvsフェラーリ』が2020年1月10日(金)から公開される。このたび、KinKi Kidsの堂本光一が本作を応援する“アンバサダー“に就任することが決定した。


『LOGAN/ローガン』(17)のジェームズ・マンゴールドが監督を務める本作は、1966年に行われた伝説のレース“ル・マン24時間レース”で絶対王者フェラーリに立ち向かった男たちの実話を描く物語となっている。気鋭のカーデザイナーとして活躍するキャロル・シェルビー(マット)のもとに、ある日アメリカ最大の自動車メーカーであるフォード・モーター社から“ル・マン24時間耐久レースで、モータースポーツ界の頂点に君臨するフェラーリ社に勝てる車を作ってほしい”という途方もない依頼が届く。

かつてル・マンで優勝した経験を持ちながらも、心臓病によりリタイヤを余儀なくされたシェルビーは、破天荒な一流レーサーのケン・マイルズ(ベール)に助けを求める。レースへの純粋な情熱をもつシェルビーとマイルズは、史上最高の車を生みだすために協力することで、いつしか固い友情で結ばれることに。前哨戦のレースで結果をだし、いよいよ決戦の地ル・マンに乗り込んでいくが、理不尽な大企業の論理を振りかざすフォードの副社長が横やりを入れてくる…。


このたび、歴史を変えた2人の男の熱い友情とチームの絆、そして不可能に挑戦し続ける姿を映しだす本作のアンバサダーに、KinKi Kidsの堂本光一が就任することが決定した。車好きとして知られ、また筋金入りのフェラーリファンとしても知られる堂本は、オファーを受けた際「すごく光栄なことですし、話を最初いただいたときすごく嬉しかったです。フェラーリ好きなので(笑)」と思ったそうで、すぐに快諾。今回、はじめてとなる映画のアンバサダーに就任する運びとなった。

「レースに参戦するお金を稼ぐために市販車を作っているという、フェラーリの伝統や文化が好きです」とフェラーリ愛を語り、また本作に対しては「すごく人間的な部分が描かれているのが素敵だなと思いました。企業で働く人のそれぞれの想いや、友情関係など、現代社会を生きる我々に訴えかける部分が多くて印象的でしたね!」と圧倒的な人間ドラマについてコメント。そして、最後に「お互いに愛情を持っていて、同じ志を持っている、ふたりの友情に本当にグッときました!」と続け、20年以上もの間、KinKi Kidsとして活動している堂本だからこそ語れる“ふたりの男の絆”に触れつつ、アンバサダーへの意気込みを力強く語った。


今後、堂本は12月27日(金)から自身が出演するWEB CM、および2020年1月1日(水)からのテレビCMで本作の魅力を発信していくとのこと。車好きの堂本も太鼓判を押す本作で展開される迫力のカーレースシーンと人間ドラマを早く堪能したい!

関連映画

関連映画ニュース