• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 宮沢りえ、“7日間戦争”に帰還!北村匠海の「僕も30年後に出られたら」宣言に笑顔
  • EVENT

宮沢りえ、“7日間戦争”に帰還!北村匠海の「僕も30年後に出られたら」宣言に笑顔

2019年12月13日 21:42

宮沢りえ「夢にも思っていませんでした」と告白

実写映画化もされた宗田理の同名ベストセラー小説を新たなストーリーでアニメ映画化した『ぼくらの7日間戦争』の初日舞台挨拶が12月13日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、北村匠海、芳根京子、宮沢りえ、村野佑太監督が登壇。1988年に公開された実写版で初主演&女優デビュー飾った宮沢がアニメ版でも同じ役柄で出演しており、「30年後に中山ひとみという役を演じるとは夢にも思っていませんでした」と告白。北村は「歴史的作品です。30年後、違う『ぼくらの7日間戦争』に出られたらいいなと思います」、芳根も「私も便乗させてください!」と願いを語り、会場を沸かせた。

本作の舞台は、宮沢が演じた中山ひとみが廃工場に立てこもり、大人たちをやっつけた少年少女たちの“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた2020年の北海道。原作のスピリットを受け継いだ新たなストーリーが展開する。北村が気が弱いが豊富な知識で大人に立ち向かう主人公の鈴原守役、芳根が守が想いを寄せる千代野綾役を演じた。

宮沢は「15歳でデビューした。映画の感想をもらって『とてもいい映画だった』とか『青春です』と言ってくださる方がいっぱいいて、デビューの作品が『ぼくらの七日間戦争』で本当によかったなと思っています」とニッコリ。「感謝の気持ちを込めて、今回ささやかな役ですけれど参加させていただいた」と胸の内を明かした。

当時の撮影について、宮沢は「演技の経験が初めて。演技に対する不得意感、劣等感があって。とても苦労しました」と述懐。「でも現場に入ってみると、たくさんのスタッフの人たちのエネルギーに押されて、できないと思っていたことがどんどんできていく。初めての作品ですが、演じる奇跡みたいなことを感じられた記憶がある」と特別な経験をしたという。

今回のアフレコでは、宮沢が参加する日は「緊張しました」と苦笑いを浮かべた北村。「最後に『頑張ってね』と言ってくださって、それだけで最後まで走り続けられた部分がある」と宮沢に感謝。宮沢は「緊張しているようには見えなかった。ここですよとか、入るタイミングも教えてくださった。余裕があると思った」と印象を語ると、北村は「(緊張していないように)見せるのはうまいんです」と話し、宮沢と会場の笑いを誘っていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会| [c]2020映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 [c]咲坂伊緒/集英社| TM&[c]2019 TOHO CINEMAS LTD, ALL RIGHTS RESERVED. 写真:RiEamano| [c] 2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会