• TOP
  • ニュース
  • 『アイリッシュマン』は、2回目がより面白い!宇野維正が解説するアメリカの“自己批判”と“郷愁”
  • COLUMN

『アイリッシュマン』は、2回目がより面白い!宇野維正が解説するアメリカの“自己批判”と“郷愁”

2019年12月20日 22:00

宇野維正による『アイリッシュマン』徹底解説、後編が到着!
宇野維正による『アイリッシュマン』徹底解説、後編が到着!Netflix映画『アイリッシュマン』独占配信中

『アイリッシュマン』についてまず強い実感を込めて言えるのは、1回目に観る時よりも2回目に観る時の方がさらに「面白い」ということだ。その意味でも、本作がNetflixオリジナル映画として配信されていることは、監督のマーティン・スコセッシの意図を超えた場所で大きな価値がある。というのも、3時間29分の作品を何度も映画館に足を運んで観るのはなかなか困難な行為だが(自分も最初はスクリーンで観たが、作品の余韻に浸っている間にその1日が終わってしまった)、Netflixだったら何度でも好きな時に、場合によっては気になるシーンだけピンポイントで、作品を観直すことができるからだ。

若かりし日の場面ではCG技術が駆使されている
若かりし日の場面ではCG技術が駆使されているNetflix映画『アイリッシュマン』独占配信中

『アイリッシュマン』が2回目以降さらに面白くなる理由は二つある。一つは、2004年に刊行されたノンフィクション作品『I Heard You Paint Houses』を原作とする、本作の一風変わった物語の構造だ。本作は老人ホームにいる主人公、元トラック運転手のフランク・シーラン(ロバート・デ・ニーロ)の回想形式で始まる。シーラン本人がガンで亡くなったのは2003年なので彼が回想しているのはその直前ということになるが、そこでは、シーラン、ペンシルバニアのマフィアのボス、ラッセル・ブファリーノ(ジョー・ペシ)、全米トラック運転手組合委員長ジミー・ホッファ(アル・パチーノ)という本作の主要人物3人のそれまでの関係を終わらせてしまう、1975年7月の自動車旅行の道中での出来事が中心となっている。つまり、本作には現代(2000年頃)と過去(1975年)という二つの起点があり、その上でシーランの第二次世界大戦での従軍時代から後日談的な「1975年から現在」まで、時代が頻繁に入れ替わる構成になっている。脚本や編集は完璧すぎるほど完璧なので、その全体の作品構造さえ把握をしていれば作品に没入することができるが、最初の数十分は(CGで若返ったデ・ニーロやペシの顔に見慣れるのと同様に)ちょっと戸惑う人もいるかもしれない。

ジミー・ホッファ役を好演したアル・パチーノ
ジミー・ホッファ役を好演したアル・パチーノNetflix映画『アイリッシュマン』独占配信中

もう一つは、そんな時代設定のスパンの広さからもわかるように、本作が射程に収めているのはアメリカ近代史そのものであるということ。そして、そこで太文字の「歴史」との接続点となるのが、「50年代にはエルヴィスと同じくらい人々を熱狂させ、60年代にはビートルズと同じくらい人々を熱狂させた」と作中で語られているホッファだ。ホッファに関しては、ダニー・デヴィート監督・出演、ジャック・ニコルソン主演による『ホッファ』(92)というそのものすばりの伝記作品もあったし、イタリア系マフィアと労働組合の抜き差しならない関係はHBOの傑作テレビシリーズ「ザ・ソプラノズ」(99〜07)などでもお馴染みだが、彼と50年代後半から60年代にかけてのジョン・F・ケネディ及びロバート・ケネディとの因縁、その政敵リチャード・ニクソンとの癒着疑惑などについては、(劇中でもシーランの主観からのモノローグによる解説はあるが)少し補足しておく必要があるだろう。

ホッファが全米トラック運転手組合の委員長を務めていたのは1957年から1971年まで。彼は扇動的なスピーチやカリスマ性によって全米の労働者にとってのリーダー的存在として君臨する一方、その強引な手腕によって早くから裏社会とも持ちつ持たれつの関係を結んでいた。過去のスコセッシ作品とのリンクでいうと、『カジノ』(95)で描かれた時代以前のラスベガスでは、ギャンブルの運営資金を銀行から借りることができなかったため、ホッファを通じて当時約150万人いた組合員の莫大な年金資産が投入されていた。50年代後半、そうした裏社会の金の流れを一掃しようとしていたのがロバート・ケネディ上院法律顧問だった。そのためホッファは、1960年の大統領選でロバートの兄である民主党大統領候補ジョン・F・ケネディの対抗馬、共和党大統領候補ニクソンをバックアップするために多額の寄付をしていたが、あえなくニクソンは敗北。その時の大統領選で、ホッファと一蓮托生であったはずのマフィア組織は、ハバナのカジノやリゾートの利権を見込んでジョン・F・ケネディを支援していた。

デ・ニーロとパチーノは『ボーダー』(08)以来の共演となる
デ・ニーロとパチーノは『ボーダー』(08)以来の共演となるNetflix映画『アイリッシュマン』独占配信中

労働者の敵である資本家の利権を代表する共和党を支持する、労働組合委員長のホッファ。ピッグス湾事件と続くキューバ危機によって、ハバナ奪還の当てが外れることとなったマフィア。さらに、兄ジョンの大統領就任を期に司法長官の座についた弟ロバートは、兄を支援してきたマフィアへの締め付けを強化していく。そうした、アメリカを表と裏でそれぞれ支配していた者たちの思惑のいくつもの「捻れ」が積み重なっていったことで、本作の起点の一つである1975年7月の主人公シーランは、「親子」のような関係を築いてきたラッセル・ブファリーノと、「兄弟」のような関係を築いてきたホッファの間で、ある決断を迫られることになる。


関連映画

関連映画ニュース