• TOP
  • ニュース
  • 広瀬すずがヒャダインの楽曲を全力で歌い上げる!『一度死んでみた』予告&ポスター到着
  • NEWS

広瀬すずがヒャダインの楽曲を全力で歌い上げる!『一度死んでみた』予告&ポスター到着

2019年12月9日 07:00

広瀬すずや吉沢亮、堤真一ら含む総勢26名の全キャストが集結したポスターも到着
広瀬すずや吉沢亮、堤真一ら含む総勢26名の全キャストが集結したポスターも到着[c] 2020 松竹 フジテレビジョン

NHKの連続テレビ小説「なつぞら」でヒロインを務めた広瀬すずが初のコメディ映画に挑戦する『一度死んでみた』(2020年3月20日公開)。このたび、吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太ら総勢26名の豪華キャスト陣が登場する予告映像とポスターが到着し、あわせて音楽クリエイターのヒャダインが本作の音楽を手掛けることが発表された。

父親の計(堤)のことが大嫌いで、いまだ反抗期を引きずっている女子大生の七瀬(広瀬)は、ボーカルを務める売れないデスメタルバンドのライブで「一度死んでくれ!」と計への不満をシャウトするのが日常だった。そんな七瀬にある日突然、計の訃報が届く。実は、計自身が経営する製薬会社で偶然発明された「2日だけ死んじゃう薬」を飲んだため仮死状態となっただけであった。ところがライバル会社の陰謀で計は、本当に火葬されてしまいそうになる。父のピンチに直面した七瀬は、存在感が無さすぎて“ゴースト”と呼ばれている計の部下である岡(吉沢)と共に、父を救うため立ち上がることを決意する。

到着した予告映像では、会社の面接会場のような場所で七瀬が「野畑七瀬、慶明大学薬学部3年デス!嫌いなものは野畑計、私の父デス!」と癖のあるデスます調で話す様子から幕を開ける。その七瀬が発した言葉を証明するように、食卓の席で計に「臭い~!」と消臭スプレーを計に思い切り吹きつけて嫌がらせ。さらに七瀬が所属するバンドのライブで、「死んでくれ~!」と計への不満を歌でシャウトする。そんな計は、嶋田演じるライバル会社社長の田辺と、小澤演じるその秘書の渡部の謀略により本当に火葬されてしまいそうに!妻夫木聡、佐藤健、池田エライザ、志尊淳、西野七瀬ら豪華キャスト陣が扮する一癖も二癖もありそうなキャラクターたちも絡み合う絶体絶命のピンチを、七瀬は“ゴースト”と呼ばれる計の部下、松岡と共に乗り越え、父を救えるのか?

ヒャダインが映画音楽を手掛けるのは『海月姫』(14)に続き、本作が2作目。ヒャダインは「底抜けに楽しい映画の劇伴を担当、ということでめちゃくちゃ嬉しかったデス!そしてなにより広瀬すずさんの歌唱!さいっこうデス!!魂の叫びデス!」と広瀬の歌唱力を激賞すると共に、喜びあふれるコメントを寄せている。反抗期こじらせデスメタ女子の奮闘にますます期待が高まった!


関連映画

関連映画ニュース