• NEWS

ハリソン・フォードと大型犬が冒険に出発!『野性の呼び声』2020年2月公開

2019年12月06日 5:00

言葉の壁を超え紡がれる絆と冒険を描く感動のスペクタクル・アドベンチャーが公開決定 | [c] 2019 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

「スター・ウォーズ」シリーズのハン・ソロ役や「インディー・ジョーンズ」シリーズのインディアナ・ジョーンズ役など数々の魅力的なキャラクターを演じてきた名優ハリソン・フォードが主演を務める『野性の呼び声』が2020年2月28日(金)から公開されることが決定。このたび、予告映像とポスターが到着した。

本作は、地図にない地を目指し旅をするソーントン(ハリソン)と名犬バックの友情と冒険を描く物語となっている。

監督を務めるのは、『アラジン』(92)や『ライオン・キング』(94)などのディズニー作品に携わってきたクリス・サンダース。自身がディーン・デュボア監督と共同監督を手掛けた『リロ&スティッチ』(02)では“愛を知らないエイリアン”と“両親を亡くし愛を失った女の子”の友情を描き、『ヒックとドラゴン』(10)では“ひ弱で臆病者ものであるバイキングの少年”と“バイキングの脅威と恐れられる伝説のドラゴン”の友情を描くなど、「言葉の壁を超えた絆」の物語を紡ぐことを得意とするクリス監督が、実写映画初監督となる本作でも手腕を振るう。

到着した予告映像では、未開の地を求め旅をするソーントンと、温暖なカリフォルニアでペットとして育ったが数奇な運命によってアラスカで犬ぞりを引くこととなる大型犬のバックが、カナダのユーコン準州で出会い、友情を育む様子が映しだされている。そして、“最強の相棒”となった2人は新たな世界を求め冒険へと繰りだす。激流を下り、雪崩に見舞われ、そして巨大な熊との対峙など旅の途中で起こる様々なアクシデントに遭遇するソーントンとバックにどんな運命が待ち受けているのか。

人類未踏の地へと向かうソーントンとバックの勇姿を、ぜひその目に焼きつけてほしい!

文/編集部

関連映画

関連映画ニュース