『G-レコ』富野由悠季監督にインタビュー!「自分は作家だと言い切れない。仕事師だなという感じがしています」【後編】 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2019/12/5 18:30

『G-レコ』富野由悠季監督にインタビュー!「自分は作家だと言い切れない。仕事師だなという感じがしています」【後編】

劇場版『Gのレコンギスタ』。その第1部となる「行け!コア・ファイター」が現在上映中だ。全26話のTVシリーズを5部作の劇場版として再構築した作品。総監督の富野由悠季がそこに込めた思いとは?前編に続いて後編では、“仕事師”富野由悠季に迫る。

【写真を見る】ベルリやアイーダが操縦するG-セルフ。バックパックを換装することで様々な局面に対応する
【写真を見る】ベルリやアイーダが操縦するG-セルフ。バックパックを換装することで様々な局面に対応する[c]創通・サンライズ

「第4部の山場は、その部分が『G-レコ』そのもののテーマに」

――第2部以降の修正、新作のボリュームは?

富野由悠季総監督(以下、富野監督)「早々に直さざるを得ない部分があったので、それなりに入っています。しかし、第2部もそれほど新しいものは追加してはいません。第3部の作画も基本的に終わっていますが、主人公のベルリとアイーダの姉弟話としてのフィーリングを伝える芝居を肉付けしました。2人の関係や気持ちの変化がきちんと切り替わるように描いていくと、ほかのキャラクターも絡んでくる。すると、作品全体にもう少し艶が出るだろうと思っています。第4部の山場は、その部分が『G-レコ』そのもののテーマになります。まるまるテレビ1本分の新作を入れないといけないので、ちょっと過酷だなと思っています。第5部に関しては、『G-レコ』ファンに『あのエンディングは変えてもらっちゃ困りますからね』と言われたとおり、絶対変えないでいく。落とし前をつけるので、5部作全て作っていけるようにしたいなと思っているのが、いまの全体構想です」

主人公のベルリ・ゼナム
主人公のベルリ・ゼナム[c]創通・サンライズ

――そもそも、今回劇場版の制作を決めたのには理由があるのでしょうか?

富野監督「実は僕も自分の思いの丈だけで映画版の再構築を始めたわけではないんです。TVシリーズが終わった頃『G-レコ』のファンを集めてくれた会がありました。その頃、関係者から『G-レコ』は人気がないと聞いていたので、僕は5人くらいしか来ないだろうと思っていたんです。だけど、20人か25人くらい来てくれたのかな。そこで一番ビックリしたのは、ガンダムシリーズを知らない人ばかり。僕にしてみれば、かつて、初めてガンダムファンに会った時と一緒。『とにかくおもしろいです』『よくわからないところがあって…。だけどおもしろいです』と言っていただきました。エンディングについて聞くと『あれでいいです』と。彼らは『G-レコ』の歌を歌いながら街を歩き出したんですよ?そこで、根本的なところで間違っていなかったんだと保証を手に入れたわけです」

関連作品