• NEWS

フェリシティ&エディ『博士と彼女のセオリー』コンビふたたび!今度は自由な気球乗り&堅物の気象学者に

2019年12月2日 07:00

『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』緊急公開決定!
『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』緊急公開決定![c] 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

『博士と彼女のセオリー』(15)で主演を務めたエディ・レッドメインとフェリシティ・ジョーンズがふたたびタッグを組む『THE AERONAUTS』(原題)が、『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』の邦題で2020年1月17日(金)より公開されることが決定し、気球での旅をおさめた映像美に期待が高まる場面写真が解禁された。

【写真を見る】圧倒的な映像美で描く劇場体験型エンターテイメント!『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』
【写真を見る】圧倒的な映像美で描く劇場体験型エンターテイメント!『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』[c] 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

1862年のヴィクトリア朝時代のロンドンを舞台に、気象実験のため気球で前人未到の高度世界記録に決死の覚悟で挑んだ2人の知られざる実話を描く本作。主演となるフェリシティ・ジョーンズが“自由な気球乗り”のアメリアを演じ、エディ・レッドメインが“堅物の気象学者”ジェームズを演じる。正反対の性格で対立ばかりだが、共に飛行していくなかで次第に心を通わせ、共に困難に挑んでいく2人。しかし高度が上がるにつれ、想像を絶する自然の脅威が2人を待ち受ける…。

前人未到の気球での旅に臨んだ2人の実話を描く
前人未到の気球での旅に臨んだ2人の実話を描く[c] 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

圧倒的迫力で魅せるカメラワークと驚異の映像で、今から約150年前の信じがたい実話を映画化した本作だが、いち早く上映されたトロント国際映画祭などを受け世界のメディアでは「『ゼロ・グラビティ』に続く劇場体感型映画!」(Indie Wire)と絶賛を受けており、正に劇場体感型エンターテイメントと言える本作について監督のトム・ハーパーも「実際に気球に乗っているような感覚になってもらえるように作った。ぜひ大きなスクリーンで手に汗握る興奮の体験をして欲しい」と語っている。

『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』は2020年1月17日(金)より公開
『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』は2020年1月17日(金)より公開[c] 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

またあわせて、実際のフランス人の気球操縦士のエピソードを元にしたという、上空4000メートルでの蝶との幻想的な出会いのシーンなど、前人未到の気球での旅に期待が高まる場面写真も解禁。フェリシティ・ジョーンズとエディ・レッドメインが実際に気球で飛んで撮影したという、雄大なロンドンの風景を見渡す写真や、高度1万メートルの雲の上の世界で、どこまでも広がる空を収めた写真からは、本作の息を呑む映像美とアドベンチャー感を垣間見ることができる。

誰も見たことのない気球での旅を、かつてないほどの映像美で描く本作。臨場感を限界まで極めたという劇場体験型エンターテイメントを、ぜひ劇場で体感してほしい。

文/富塚 沙羅

関連映画

関連映画ニュース