“ルール”を守って楽しくサバイブ!ギャグ満載の『ゾンビランド』をおさらい |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2019/12/1 15:50

“ルール”を守って楽しくサバイブ!ギャグ満載の『ゾンビランド』をおさらい

ゾンビはびこる終末世界でのサバイブをギャグ満載で描き、“ゾンビ映画=暗い”と言うイメージを払拭した『ゾンビランド』(09)。その10年ぶりの続編『ゾンビランド:ダブルタップ』が現在公開中だ。本作の特徴と言えるのが、主人公が考えた“生き抜くためのルール”に登場人物たちが従うことで、様々なお約束の死亡フラグを回避していくところ。前作にも登場したこのルールをおさらいし、パワーアップした続編も紹介したい。

コロンバスのルールに従い生き延びてきた4人
コロンバスのルールに従い生き延びてきた4人[c] 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

『ゾンビランド』はゾンビパンデミックが発生した世界を舞台に、引きこもりでオタクな主人公コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)が、破天荒なタフガイのタラハシー(ウディ・ハレルソン)、そしてウィチタ(エマ・ストーン)とリトルロック(アビゲイル・ブレスリン)の美人詐欺師姉妹と出会い、ゾンビがいないと噂のロス郊外の遊園地を目指すという物語だ。

【写真を見る】小心者でも大丈夫!ゾンビランドを生き残るためのルールをチェック!
【写真を見る】小心者でも大丈夫!ゾンビランドを生き残るためのルールをチェック![c] 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

“32”のルールでゾンビ社会(ランド)を生き残れ!

前作で、小心者のコロンバスが設定したルールは32個。“静かに行動すべし”“就寝前には安全確認”といったごく普通なものから、太った人は長時間走れないため次々にゾンビに喰われてしまうという、アメリカの肥満大国ぶりを皮肉った“有酸素運動”の大切さを説くものなど種類も豊富。これに従うことで滑稽だがしっかりと厳しい世界でも生き残っている。

ジェシー・アイゼンバーグとウディ・ハレルソンのバディは続編でも健在!
ジェシー・アイゼンバーグとウディ・ハレルソンのバディは続編でも健在![c] 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

また“小さいことを楽しめ”というルールに従い、本人役で登場したビル・マーレイと共に彼の家で『ゴーストバスターズ』ごっこをしたり、ビルがゾンビメイクでコロンバスを脅かそうとした際には、“人を見たらゾンビと思え”というルールのせいで彼が撃たれてしまったり…とルールに付随したブラックユーモアには思わず苦笑い。さらに“英雄になるな”というコロンバスらしいルールもあるのだが、クライマックスでその意味が変わってくるので、まだ観ていない人はぜひチェックしてみてほしい。

様々なルールを活かしたギャグも満載
様々なルールを活かしたギャグも満載[c] 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

進化したゾンビに対し、ルールもパワーアップ!

“二度撃ちして止めを刺せ”というルールがタイトルとなった『ゾンビランド:ダブルタップ』。“助けを求めることを恥じるな”など、10年間で増えに増えてルールはなんと73個(!)に。ゾンビ社会を生き抜いてきた4人が、新たな生存者を仲間に加え、パワーもスピードもレベルアップした新種のゾンビたちをなぎ倒していくが…。

ウディ・ハレルソン演じるタラハシーのやんちゃっぷりは健在!
ウディ・ハレルソン演じるタラハシーのやんちゃっぷりは健在![c] 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

“シートベルトをしろ”というルールを忘れた新キャラのマディソン(ゾーイ・ドゥイッチ)が、急ブレーキをかけた車の中で頭を打ち「忘れてた〜」と痛がったり、“旅行は身軽であれ”にのっとり、タラハシーがマディソンの大量の荷物を無断で捨ててしまったり…とルールを活かしたギャグシーンは本作でも健在。さらに、コロンバスとタラハシーにそっくりな新キャラが現れ、ルールより熟考された“戒律”を持っていたことから、どちらが優れているかという張り合いが始まるなど、スキあらば観客を笑わせに来るのはさすがの一言だ。

タラハシーにそっくりな新キャラ、アルバカーキも登場
タラハシーにそっくりな新キャラ、アルバカーキも登場[c] 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

新作ではどんなルールが増え、それを活かしたどんなシーンが登場するのか?その答えは劇場で!

文/トライワークス


関連作品