• EVENT

オークワフィナからのサプライズVTRに感激!ファーストサマーウイカ『ジュマンジ』オファーは「ドッキリだと思った(笑)」

2019年11月27日 16:15

全世界興収で9億6200万ドルの大ヒットを記録した『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(17)の続編『ジュマンジ/ネクスト・レベル』(12月13日公開)のトークイベントが、11月22日~24日に開催された「東京コミコン2019」内で開催。本作で声優を務めるタレントのファーストサマーウイカと声優の高木渉が登壇した。

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』は12月13日(金)より公開
『ジュマンジ/ネクスト・レベル』は12月13日(金)より公開

プレイする者を中に吸い込んでしまうゲーム「ジュマンジ」をクリアして2年。大学生になったスペンサーは当時の興奮を忘れられず、粉々に破壊したゲームを修理し、またしてもゲームの中へと吸い込まれてしまう。友人たちは彼を救うため、再びゲームの中に入るのだが、壊れたゲームにはバグが発生しており…という物語。ファーストサマーウイカは、オークワフィナが演じるゲームクリアのカギを握る新キャラクター、ミン・フリートフットの吹替えを担当している。

ファーストサマーウイカが『ジュマンジ/ネクスト・レベル』のステージイベントに登場!
ファーストサマーウイカが『ジュマンジ/ネクスト・レベル』のステージイベントに登場!

本作が声優初挑戦となる彼女だが、オファーが来た時の心境について「ドッキリやと思いました。『ジュマンジ』が私のところに来るはずがないと。鉢植えのところを(隠しカメラが無いかと)見たり、このパーテーション、変やなあって思ったりとか」と疑っていたことを暴露。

ドッキリじゃないとわかってからは「急に(重圧で)汗がビッシャビシャ。自分が普段から吹替えを見る目が厳しいこともあり、その分プレッシャーがかかりました。作品の一部になるわけですから、『ジュマンジ』を汚さないようにと。緩いパンツばっかり履いてたらダメだと思って、新品のパンツをおろしてアフレコに挑みました!」とウイカ節炸裂で覚悟を決めた気持ちを語り、来場者を笑わせていた。

ファーストサマーウイカの吹替えを絶賛していた声優の高木渉
ファーストサマーウイカの吹替えを絶賛していた声優の高木渉

小学校の文集に将来の夢を声優と書き、専門の学校に通っていたこともあるというファーストサマーウイカ。彼女の演技についてベテラン声優の高木は「コツを教えてあげてくださいって言われていて、“重箱の隅をつついてやろう~”と思ってたんですけど…現場行ったらね、すごく上手い!芝居にも貪欲で、何度もこれじゃないこれじゃないって。すごいなって思いましたよ」と大絶賛。このべた褒めにファーストサマーウイカは「スタッフさんはもう帰れよって顔してましたよ(笑)」と照れを隠すようなコメントで笑いを誘った。

オークワフィナからのサプライズVTRにファーストサマーウイカが大感激!
オークワフィナからのサプライズVTRにファーストサマーウイカが大感激!

またイベントでは、オークワフィナから“吹替えキャストおめでとう”というVTRが流れるサプライズも。この本国キャストからのまさかのメッセージに「うれしい!忙しいのに撮ってくれて…」と目を潤ませながら、感激していた彼女。最後に「ぜひ字幕版と吹替版で観ていただければと思います。なによりもめちゃめちゃおもろいです。なので絶対劇場でご覧ください!」と締め、イベントはにぎやかに終了した。

取材・文/トライワークス

関連映画

関連映画ニュース