岡村隆史、『決算!忠臣蔵』にちなみ、吉本との契約問題に言及「エージェント契約か、専属契約か…保留にしました」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2019/11/22 13:11

岡村隆史、『決算!忠臣蔵』にちなみ、吉本との契約問題に言及「エージェント契約か、専属契約か…保留にしました」

東京大学史学絵編纂所教授の山本博文による「『忠臣蔵』の決算書」を映画化した『決算!忠臣蔵』の初日舞台挨拶が、11月22日に丸の内ピカデリーで開催され、堤真一、岡村隆史、濱田岳、横山裕、石原さとみ、橋本良亮(A.B.C-Z)、寺脇康文、中村義洋監督が登壇。岡村は、自身が出演する大河ドラマ「麒麟がくる」が連日騒がれていることをネタに「無事、撮り直すこともなく、映画の公開が迎えられたことをうれしく思います」と挨拶をして、会場を沸かせた。

大石内蔵助が実際に残した決算書を基に、討ち入り計画の実像をお金の面から描く本作にちなみ、「今年中に決算したいこと」についてクロストーク。岡村は「契約問題ですね」とここでも攻めの姿勢を見せる。「ずるずる引き伸ばしになっておりました。エージェント契約か、専属契約か、いままでどおりなのか。チーフマネージャーから書けとペンを渡されましたが、保留にしました」。

岡村は、今年中に決められるかどうかも微妙とのことで「(年明けまで)ずれこむかなと。どれくらい(吉本興業とエージェント契約をした)加藤浩次が得したのかと」と頭をひねったあと「副社長が初日で『おめでとうございます』と手ぶらで来てました」と吉本をチクリと刺すと、横山が「気持ちを持ってきてますから」とフォローし、笑いに包んだ。

堤は「この映画のために、番宣でものすごくバラエティに出たんですが、『ジュース買ってきて』と毎回マネージャーに言っていて、全然払ってないので、ちゃんとお金を返さないと」とコメント。

さらに堤が「バラエティで一番恥ずかしかったのは、(岡村と)2人で人力車に乗ったこと」と狭い人力車に乗せられたことについて愚痴をこぼすと、岡村も「ギチギチの人力車で。ぶつぶつ横で言うんですよ」と堤にツッコみ、笑いをとった。

石原は「私は給料制なので、そこの部分はマネージャーさんにお願いしたい。また、お酒などをいただくので、たまに家で断捨離パーティをします。みんなで飲んで、おつまみも作って」と笑顔を見せる。すると、MCの笠井信輔アナが「そのパーティに行きたい人!」と言うと、全員が手を挙げた。石原はその反響に大笑いした。

最後に、赤保の塩で「公開を祝して赤穂の塩を使った鯛の塩釜開きを行い、大盛況のまま、舞台挨拶は幕を閉じた。

取材・文/山崎 伸子

関連作品

  • 決算!忠臣蔵

    3.2
    341
    堤真一演じる大石内蔵助が予算内での討入りを達成すべく奮闘する時代劇コメディ