• NEWS

田中圭は「花が恋人」?様々な片想いを描く『mellow』の本予告に共感必至

2019年11月20日 08:00

今泉力哉監督、田中圭主演で贈る『mellow』の本予告映像が到着
今泉力哉監督、田中圭主演で贈る『mellow』の本予告映像が到着[c]2020「mellow」製作委員会

『愛がなんだ』(19)などオリジナリティ溢れる世界観を描く恋愛映画の旗手、今泉力哉監督と、テレビドラマ「あなたの番です」や『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(19)での好演が話題となった田中圭との初タッグで話題の映画『mellow』(2020年1月17日公開)。この度、様々な“片想い”を描く本作の予告編が解禁となった。

本作は、「恋人は花」と言うほどに好きな花屋を営み、穏やかに暮らしている「独身」「彼女なし」の店主、夏目誠一(田中)。そして父親から代替わりし、廃業寸前のラーメン屋を営む女店主、木帆(岡崎紗絵)。街で一番オシャレな花屋と廃業寸前のラーメン屋を舞台に、様々な登場人物たちが抱くそれぞれの“片想い”と向き合う物語だ。

解禁された予告編は、オシャレ花屋の店長という役柄がピッタリの、柔らかな表情の田中演じる誠一が、お客に合った花を見繕うところから始まる。その後次々と登場する、女子高生、カップル、夫婦が持つそれぞれの“片想い”の形。本来であれば切ないイメージの片想いだが、「好きです」と結婚している女性(ともさかりえ)から、しかもその夫が目の前にいる状態で伝えられた誠一の思わずくすりとしてしまうリアクションなど、どこか可笑しくもある物語が、今泉監督ならではの温かい世界観の中で綴られていく。

ヒロインの木帆を演じる岡崎をはじめ、脇を固める志田彩良、松木エレナらフレッシュな女優陣や、白鳥玉季、SUMIRE、山下健二郎、ともさかりえら個性豊かな役者陣と、並木瑠璃が歌う主題歌「花になる」がそっと寄り添い、物語に深みを与えている。

父から廃業寸前のラーメン屋を継いだ木帆を演じるのは、岡崎紗絵
父から廃業寸前のラーメン屋を継いだ木帆を演じるのは、岡崎紗絵[c]2020「mellow」製作委員会

また、11月22日(金)には、誠一と木帆の写真で構成された“メロウ”なオリジナル特製ポストカード付きムビチケカードの発売も決定した。なぜかリアルな共感をしてしまう台詞と美しい映像で描く、今泉ワールド全開の本作。新しい形の恋愛群像劇を、ぜひ劇場でチェックしてみて欲しい。

文/編集部


関連映画

関連映画ニュース