佐藤勝利、高橋海人らが“ブラック高速” 対決!負けた田中樹が“田中敗北”に改名? |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2019/11/10 16:33

佐藤勝利、高橋海人らが“ブラック高速” 対決!負けた田中樹が“田中敗北”に改名?

11月1日より公開され、連続ドラマ、Huluそれぞれでオリジナルストーリーも放送されているSexy Zoneの佐藤勝利主演映画『ブラック校則』の公開記念舞台挨拶が10日、丸の内ピカデリー1で開催。主演の佐藤のほか、King & Princeの高橋海人、SixTONESの田中樹、葵揚、水沢林太郎が登壇した。

本作は、クラスで一際存在感がなく空気のような存在の高校生、小野田創楽(佐藤勝利)が“ある女子生徒との出会い”がきっかけとなり、親友である月岡中弥(高橋海人)と共に、理不尽な“ブラック校則”と大人たちに立ち向かう青春ストーリー。

この日の舞台挨拶では、理不尽な校則である“ブラック校則”にちなみ、理不尽な時間内でミッションに挑む“ブラック高速”チャレンジでマジ対決に臨むことになった登壇者の5人。佐藤、高橋チームと田中、葵、水沢チームに分かれて3本勝負を行い、負けたチームには自分の思う“一番かっこいい顔”で番宣の動画を撮る、という罰ゲームが課される。

意気込みを聞かれ、「名前が名前だけに勝ちたいと思います」と話す佐藤に客席からは大きな歓声が。すると田中も負けじと、「僕が勝って、主演を食っちゃおうかと思います」と自信満々に宣言し、会場を盛り上げていた。

高速で流れる10の数字を覚えるという最初のチャレンジでは、どちらもなかなかの成績をおさめた2チーム。続いての勝負は、チーム内で“愛の告白”をテーマにあいうえお作文を作るというもの。「ぶ・ら・こ・う」の4文字であいうえお作文を作る2チームだが、田中、葵、水沢チームはいきあたりばったりのグダグダな展開に。対する佐藤、高橋チームは綿密な打ち合わせの結果、「部活帰りに」(佐藤)、「ラッキーだな、君に会えて」(高橋)、「今度さあ」(佐藤)、「海に行って、水に入ろうよ」(高橋)と、ちょっと笑いを交えた愛の告白文を完成させ、勝利をおさめた。

ラストは本作の主題歌であるSexy Zoneの「麒麟の子」に合わせての万歩計ダンス対決。「僕はもう、得意中の得意です」と自信を滲ませる佐藤だが、佐藤の手をひらひらさせるダンスを見た高橋は「その動き、かっこいいけどそれじゃ数を稼げないんじゃない?」と心配そう。対する田中は、寝そべってほかの2人に足を動かしてもらうという奇策で高得点を狙うが、結果は佐藤、高橋チームが517歩、田中、葵、水沢チームが457歩と、佐藤、高橋チームが見事勝利!田中は「今日から僕は“田中敗北”になります」と佐藤の名前の“勝利”になぞらえ、敗北宣言を述べ会場を沸かせた。

※高橋海人の「高」は「はしごだか」が正式表記

取材・文/オチアイユキ

関連作品

  • ブラック校則

    4.5
    126
    佐藤勝利×高橋海人共演で理不尽な校則と戦う高校生の恋と友情を描いた青春ストーリー