• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 佐藤健、松岡茉優の“酔っ払い”アドリブシーンを絶賛!「めちゃくちゃいい。さすが!」
  • EVENT

佐藤健、松岡茉優の“酔っ払い”アドリブシーンを絶賛!「めちゃくちゃいい。さすが!」

2019年11月09日 14:42

「まだ吐くよ」というセリフが最高!

白石和彌監督による最新作『ひとよ』の公開記念舞台挨拶イベントが11月9日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、MEGUMI、佐々木蔵之介、白石監督が登壇。劇中で共感したセリフを聞かれた佐藤が、松岡が発する「まだ吐くよ」というセリフをセレクト。松岡によるアドリブのセリフだったことが明かされ、佐藤が「さすがですね!」と大絶賛した。

『ひとよ』の公開記念舞台挨拶イベントが開催された

本作は15年前に母が起こした事件をきっかけに、人生を狂わせてしまった三兄妹の葛藤と戸惑いを、現在と過去を交錯させながら描いた人間ドラマ。佐藤、鈴木、松岡が三兄妹を演じた。

次男の雄二役を演じた佐藤は「僕自身、キャラクターを好きになりすぎて『このキャラたちとお別れしなくてはいけないのか』と寂しくなるような映画が好き。この映画はそういった感想をもらうことが多い」と感無量の面持ち。「改めて映画というのは、個人の力はちっぽけで、たくさんの方に支えられて作られているんだと感じた。今回の現場で僕は皆さんに頼りきっていた。『兄妹のみんな、監督がなんとかしてくれる』と思いほぼ全シーン、ノープランで演じた」と周囲への並々ならぬ信頼感を明かしていた。

そんななか、共感したシーンを聞かれた佐藤。松岡演じる長女の園子が酒に酔ってタクシーに乗るシーンを選び、「リバースして(=吐いて)、『まだ吐くよ』って言う。あのセリフ、めちゃくちゃいいよ。一番いいかもしれない!あんなリアルなセリフ、久々に聞いた」と大きな笑顔。松岡が「ありがとうございます」と照れ笑いすると、白石監督が「あれ、茉優ちゃんのアドリブです」と暴露。佐藤は「さすがですね、松岡さん!」と声を大にし、会場からも松岡の女優力に拍手が上がっていた。

また園子が雄二に怒りをぶつけるシーンに話が及ぶと、松岡は「監督が『これを投げてください』とピーナッツを持ってきた」と監督の指示により、佐藤にピーナッツを投げつけることになったことを告白。佐藤は「結構、痛かった」と苦笑いで、「耳元で大声で怒られて、正直怖かった」と松岡のブチギレぶりに恐怖したそうで、「(松岡が)本番が終わっても怒ってた」と述懐。松岡が「あのシーンは、本当に雄ちゃんが許せなかった!」と語ると、佐藤は「すいませんでした」と演じた役柄に代わって、謝罪していた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019「ひとよ」製作委員会