• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • のん、再び“すずさん”に「挑めてよかった」『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』お披露目も完成はまだ!
  • EVENT

のん、再び“すずさん”に「挑めてよかった」『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』お披露目も完成はまだ!

2019年11月04日 14:45

のん、あふれる透明感!すず役への想いを明かした

第32回東京国際映画祭特別招待作品『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(12月20日公開)特別先行版のワールドプレミアが11月4日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、のん、岩井七世、音楽を担当したコトリンゴ、片渕須直監督が登壇。主人公のすずに再び息を吹き込んだのんが「期間を置いてから同じ役に挑むことは初めての経験。すごく緊張していた」と明かし、「スタジオに行ったら、監督がいらっしゃる。監督への信頼があったので、しっかりと強い気持ちを持って臨むことができました」と力強く語った。

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の舞台挨拶が開催された

第二次大戦下の広島を舞台に呉へとお嫁にやってきたすずが懸命に生きていく姿を描き、国内外で大きな反響を呼んだ『この世界の片隅に』に250カットを超える新エピソードを加えた本作。これまでに目にしていたシーンや人物像が、まったく異なる印象で息づきはじめる。

片渕監督は「2016年に東京国際映画祭で『この世界の片隅に』が初めて上映された。丸3年が経って帰ってこられた」と感無量の面持ち。ワールドプレミアを迎えたものの「実はまだ途中でして」といまだ製作の途中だそうで、「まだあと数分長くなります。今日も帰ってから作業」と苦笑い。「長い長い映画にお付き合いいただく。でもそれはもっと長い、すずさんの人生の1ページ、2ページというちょっとだけページが多く開かれたということ。この映画を通して、すずさんの人生を感じていただけたら」と作品に込めた想いを語った。

『この世界の片隅に』との違いについては、「『この世界の片隅に』は主に、すずさんと(義理の)お姉さんの径子さんとの関係を通して、すずさんの進んで行く道を示していた」と切りだした片渕監督。「今回はもっと複雑になって、人間ってそんなに簡単なものではないよなと。もっとたくさんのものに出会って、苛まれて、でも生きていかないわけで。すずさんは、もっとたくさんの人のことを見る。すずさんの人格、存在が多面的になった」とより一層、すずというキャラクターを深く掘り下げたという。

「何度も原作を読み返したり、作品を見返したりして、新しいシーンをどのように解釈をしていこうかと構築しているうちに、すずさんの皮膚感が蘇ってきた」というのんは、岩井が演じるリンについて「すずさんにとって大きな存在の人だった」ことなど、「自分自身、気付けることがたくさんあった」とすずについて多くの発見をしたという。「(すずの)いろいろな感情が入れ替わり、立ち替わり外に出てくる。難しいなと思ったんですが、監督に演出していただきながら気付ける部分もあった。再び挑めることができてよかった」としみじみと語っていた。

取材・文/成田 おり枝


映画の祭典が今年も始まる!特集・第32回東京国際映画祭
第32回東京国際映画祭をフィーチャー。映画の祭典にまつわる記事をまとめ読み!

関連映画

関連映画ニュース