• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 「モテる」って?斉藤壮馬、内山昂輝ら人気声優5人が語る『キミモテ』の見どころ
  • INTERVIEW

「モテる」って?斉藤壮馬、内山昂輝ら人気声優5人が語る『キミモテ』の見どころ

2019年11月03日 10:00

『キミモテ』の5人が、作品の魅力を熱弁! | 撮影/黒羽政士

公開中の『キミだけにモテたいんだ。』は、「あの花」などで知られる岡田麿里による脚本構成と豪華キャスト陣の共演で注話題になってる。見た目はいいのにどこか残念な5人の男子高校生が「モテ」の頂点である「モテメン甲子園」優勝をめざすという、一見すると“ビックリ”な設定の本作だが、メインキャラクターを演じた5人にアフレコ時の思い出や、作品の魅力について聞いた。


「主人公・トキオは“中二病”をこじらせてしまった男子」(斉藤)

――皆さんが演じたキャラクターについて教えてください。 “どこか残念”なイケメンとのことですが…?

斉藤壮馬(以下、斉藤)「僕が演じた古田時夫(トキオ)は、人と関わるのが苦手なタイプ。周囲からは『中二病』をこじらせていると思われている男子です」

内山昂輝(以下、内山)「葦田茂一(アシモ)という元気で熱血系の男子を演じました。幼いところもあって、普段あまり演じないタイプのキャラクターでしたね」

富園力也(以下、富園)「僕は戸島幸太郎(コータロー)という、『見た目がかわいすぎて逆にモテない』のがコンプレックスという男子を演じました」

松岡禎丞(以下、松岡)「見た目はチャラくてモテそうだけど女子に興味がないというか、人との線引きをして距離を置きがちなタイプの佐橋亜紀(アキ)を演じました」

梅原裕一郎(以下、梅原)「執事という立場もあって、僕が演じた後藤田駿は4人よりも大人びた雰囲気。ですが年齢相応に未熟な部分もあって、ストーリーの後半ではその部分がより表れてきますね」

【写真を見る】誰がタイプ?5人が演じたのはそれぞれ個性的なイケメン男子高校生! | [c]2019「キミモテ」製作委員会

「緊張の初アフレコ。でも、みなさんに助けてもらって楽しめました!」(富園)

――アフレコは5人そろって行われたそうですが、印象的だったことは?

梅原「1日にスケジュールを固めて録ったのでハードでしたが、お弁当が豪華だったのを覚えています(笑)」

斉藤「確かに!うっちーさんはけっこう大変だったんじゃないですか?」

内山「確かに僕はテンションが高い役だったのもあって、エネルギーを使い果たした感じだったな…」

――内山さんは、物静かでクールなキャラを演じることが多いですよね。普段よりもパワーを使った感じでしたか?

内山「アシモの雰囲気をつかむまで試行錯誤はありましたが、一方で静かなキャラクターをやる方が楽というわけでもないので、そこは普段と同じようにベストを尽くしました」

富園「僕はアニメのアフレコが初めてで、とても緊張していたんです。でも、お昼ご飯や皆さんとの雑談を通して、徐々に緊張もなくなりました。台本を読み込んで役作りをしていったのですが、現場で『もっと普段の声でいいよ』と言われた時は苦戦しました」

梅原「富園くんのことは、よく松岡くんがサポートしてたね」

松岡「最初って誰でも緊張するし、うまく演じられないこともあります。僕たちもそうですよ(笑)。でも、マイクの前に立ったら先輩も後輩も関係ないし、いいものをつくるために、富園くんが迷っているところがあったら、それを断ち切る手伝いをできたらいいなと思って。彼の演じているシーンを見せてもらいながら一緒に考えていきました」


関連映画

関連映画ニュース