• TOP
  • ニュース
  • 再びNetflixで配信!小林薫は「深夜食堂」の広がりをどう見て来たのか?
  • INTERVIEW

再びNetflixで配信!小林薫は「深夜食堂」の広がりをどう見て来たのか?

2019年11月2日 10:30

Netflixオリジナルシリーズ「深夜食堂 -Tokyo Stories Season2-」の小林薫
Netflixオリジナルシリーズ「深夜食堂 -Tokyo Stories Season2-」の小林薫

安倍夜郎の人気コミック「深夜食堂」が小林薫主演でドラマ化されてから早10年、同作は映画も2本作られ、いまや中国や韓国などのアジア圏でもリメイクされるというキラーコンテンツと化した。再びNetflixオリジナルシリーズ「深夜食堂 -Tokyo Stories Season2-」として10月31日より全世界190か国で配信中だ。この根強い人気とシリーズの広がりを、小林はどのように捉えているのか?インタビューを敢行した。

「マスターの素性は敢えて明かさないというスタンス」

「深夜食堂 -Tokyo Stories Season2-」は10月31日(木)よりNetflixにて全世界配信中
「深夜食堂 -Tokyo Stories Season2-」は10月31日(木)よりNetflixにて全世界配信中

メインの舞台は、人が行き交う繁華街の路地裏に佇む昔ながらの食堂「めしや」。小林演じるマスターのもとに、今宵もワケアリな客がのれんをくぐってやってくる。マスターについては、原作コミックを含め、詳しい素性は語られていない。「顔にある傷跡の理由や家族構成を含め、マスターの日常はほとんど描かれていないんです。敢えて明かさないというスタンスは、これからもずっと保たれていくのではないかと」。

そんなマスターが唯一ほころびを見せるのが、余貴美子が演じる老舗料亭の女将、千恵子とのやりとりかもしれない。「映画では、マスターの生活風景をちょっと見せたいということで、アパートで洗濯物を干したり、そこから西新宿の町がちょっと映ったりするシーンが入っていました。また、千恵子さんとの関係性も、2人にしかわからないようなおつきあいをしていたんだろうなと匂わせるシーンもありましたね」。

【写真を見る】おいしそう!マスターが作ったささみチキンカツ
【写真を見る】おいしそう!マスターが作ったささみチキンカツ

そして「深夜食堂 -Tokyo Stories Season2-」では、筒井真理子演じる魔性の女が登場し、2人の仲に波風を立てていく。

「僕の印象からすれば、筒井さんに妖艶なイメージはないんです。なぜなら昔、筒井さんとは、久世(光彦)さんのドラマ『夫婦善哉』で、義理の兄妹役で共演しているので。それ以来だから、歳を重ねたという印象がない。昔の彼女のままで、めしやに来てくれたので、不思議な感じで見ていました。また、今回も千恵子さんがマスターの世話を焼くシーンがあるけれど、そこの関係も発展するわけではなく、なにかありそうだよね、という程度に留めています」。

様々な俳優陣が毎回ゲスト出演しているが、なんと今回、御年90歳のベテラン俳優、坂本長利も出演している。「坂本さんは、僕が劇団(状況劇場)に入って2年目くらいで客演をしていただき、お世話になった方です。僕も出ていた『Dr.コトー診療所』でも村長役で出演されていましたが、20年ぶりくらいの再会となりました。90歳でもしゃんとされていて、ほとんど変わっていなかったです」。

オダギリジョー演じる警察官の小暮
オダギリジョー演じる警察官の小暮

小林自身も人生の年輪を重ね、現在68歳となったが、劇中のマスター同様に、現場でも聞き役に回ることが多くなったそうだ。「加齢の象徴かもしれませんが、あまりしゃしゃり出ないようにしようという想いが多少はあります。もともと設定上でも、主役はマスターではなくゲストだと思っていますし、あくまでも僕は受け手なので。だから現場で『ここをこうしたい』と監督に相談することはめったにないです。ただ、監督がポジション的に困った時は、『僕はこう動けるよ』とか『ここは僕がいないほうがいいんじゃない?』というような提案をすることはあります」。

もちろん、マスターあっての「深夜食堂」。個性あふれる常連客や一見の客たちの空気を絶妙に読みとり、とても居心地のよさそうな空間を過不足なく作り出してきた。その安定感はもはや堂に入っている。「撮影は本当におもしろいです。レギュラー陣は、キャラクターのままでめしやに入ってきて、無駄話をずっとしているので、監督からも『そのままだね』とよく言われています」。

「『深夜食堂』は僕たちの手を離れ、海を超えて共感してもらえている」

小林薫は、繁華街の路地裏に佇む昔ながらの食堂「めしや」のマスター役
小林薫は、繁華街の路地裏に佇む昔ながらの食堂「めしや」のマスター役

ドラマ開始から10年という歳月が流れ、マスターだけではなく、常連客も歳を重ねてきた。「確かに『20歳の若者が30歳になるから、若いキャラのままで引っ張るわけにはいかないよね』というような話が出たりします。でも、お茶漬けシスターズ(須藤理彩、小林麻子、吉本菜穂子)は、もうちょっと引っ張れるんじゃないかなと思ったりもしますし。彼女たちはたとえ50歳に突入しても、乙女チックなままだろうから、常連客の忠さん(不破万作)なんかにツッコんでいるのはアリですよね。とりあえず、常連客の訃報には接したくないので、ヨボヨボになっても来てくれれば、笑いが取れるんじゃないかと(笑)」。

シリーズの右肩上がりの人気を、冷静に見てきた小林。「第1部が終わり、1年間空いてから第2部の話をいただいたんです。その時、美術監督から『もう少し広いところでやりたい』という話が出て、新たに相模原の倉庫を借りました。その時、韓国で僕たちのドラマがオンエアされていると聞いて『すごいね!』という話になったんです。また、リメイクされた台湾版や韓国版の1話も観ましたが、なにか刺激されるものがあり、おもしろかったです」。

手羽先が唐揚げに!
手羽先が唐揚げに!

いまやワールドワイドなシリーズとなった「深夜食堂」だが、小林はそのことを映画のキャンペーンで海外に行った時に、改めて肌で実感したそうだ。「中国や韓国に行った時、皆さんがすでに僕のことを知ってくれていて、奇妙な気分になりました。どちらかというと、日本人のほうがドライな感じです。すでに僕たちの手を離れ、海を超えて海外の方々にも共感してもらえているんだなという印象を受けました」。

韓国では、「深夜食堂」のミュージカルも作られているし、本シリーズは今回、「深夜食堂 -Tokyo Stories Season2-」がNetflixで世界配信されるということで、さらに裾野を広げていくことだろう。引き続き、このシリーズをずっと追っていきたい。

取材・文/山崎 伸子

Netflixオリジナルシリーズ「深夜食堂-Tokyo Stories Season2-」(全10話)は10月31日(木)よりNetflixにて全世界配信中
原作:安倍夜郎「深夜食堂」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載中)
監督:松岡錠司、山下敦弘、小林聖太郎  【脚本】真辺克彦、向井康介、小嶋健作、大島まり菜
出演:小林薫、不破万作、綾田俊樹、安藤玉恵、松重豊、光石研、余貴美子、オダギリジョーほか
ゲスト出演:仲村トオル、柄本明、柄本佑、勝地涼、永山絢斗ほか
スペシャルゲスト:ジョセフ・チャン
フードスタイリスト:飯島奈美

関連映画ニュース