• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • ホラーな斎藤工&北村一輝、間宮祥太朗と細野晴臣…東京国際映画祭で目を引いたゲスト陣
  • EVENT

ホラーな斎藤工&北村一輝、間宮祥太朗と細野晴臣…東京国際映画祭で目を引いたゲスト陣

2019年10月28日 20:44

『フォークロア TATAMI』でレッドカーペットを歩いた斎藤工と北村一輝

第32回東京国際映画祭(TIFF)が、10月28日に東京の六本木ヒルズで開幕。160mのレッドカーペットを、豪華ゲスト陣が歩いた。そのなかで、ホラー推しだった斎藤工と北村一輝や、ギャラリーへの気遣いを見せた間宮祥太朗、結婚後初の公の場となった水川あさみ、来日したアリシア・ヴィキャンデルなど、強烈なインパクトを放ったゲスト陣をご紹介。

エリック・クー監督製作総指揮のオムニバスホラーの1本、『フォークロア TATAMI』で、初めてホラー映画のメガホンをとった斎藤は、TIFFの常連だ。今年は畳の怪しいオブジェを手にしていて、作品の世界観をアピール。主演の北村一輝が持っていたのもわら人形で、2人で異彩を放っていた。

ギャラリーへの気遣いを見せた間宮祥太朗

『殺さない彼と死なない彼女』(11月15日公開)の間宮祥太朗は、肌寒かった会場で待つギャラリーを気遣い「長時間いらっしゃる方、大丈夫ですか?けっこう寒いですね」と声をかける男前ぶりだった。

すると、会場にいた男性から「温まってるよ!」という元気な声が上がる。間宮は笑顔で「良かった。安心しました。ありがとうございます!野太い声を」とおちゃめに返事をし、会場を笑いの渦に包んだ。

『百円の恋』(14)の脚本家、足立紳が、監督&脚本を手掛けた映画『喜劇 愛妻物語』で、濱田岳や監督と登場した水川あさみ。デコルテが美しいドレスで、幸せオーラ全開の笑顔を見せていた。

ULTRAMAN ARCHIVES『ウルトラQ』『カネゴンの繭』の4K上映&Premium Talkをアピールすべく登場したのがカネゴン、ガラモン、ケムール人たち。特にガラモンは、長いまつげの大きな目をパチクリさせ、「かわいい」という黄色い歓声を浴びていた。

【写真を見る】『NO SMOKING』の細田晴臣は超ミニドレスの水原姉妹と登場。両手に花!

ミュージシャン、細野晴臣は、デビュー50周年を記念した音楽ドキュメンタリー『NO SMOKING』(11月1日公開)で、水原希子と水原佑果に挟まれてご機嫌に登場。ミニスカートで美脚を見せる水原姉妹に、細野は「両手に花です」とうれしそうだった。

最後に登場したのは、Netflix映画『アースクエイクバード』で来日したアリシア・ヴィキャンデルで、大胆なスリットの入ったパープルのドレスが美しかった。アリシアは「子どものころから日本に来るのが夢で、3年前にようやく来ることができました。また、戻ってきたいと思っていたら、なんと10か月後に本作の脚本が届きました!」とまぶしい笑顔を見せ、映画ファンたちのハートを鷲づかみにした。

来日の喜びを語ったアリシア・ヴィキャンデル

東京国際映画祭は、本日より11月5日(火)まで、9日間にわたり、六本木ヒルズをメイン会場に、東京ミッドタウン日比谷などで開催。世界中から集められた注目の話題作や、日本映画の新作、過去の秀作など、幅広いジャンルの映画が180本も上映され、人気スターやスタッフ陣の舞台挨拶やティーチインも多数行われる。

取材・文/山崎 伸子


映画の祭典が今年も始まる!特集・第32回東京国際映画祭
第32回東京国際映画祭をフィーチャー。映画の祭典にまつわる記事をまとめ読み!

関連映画ニュース

[c]Barbara Film Committee| 写真:SPLASH/アフロ,Courtesy of Getty Images| [c]2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会