• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 大沢たかおが未曽有の危機を食い止めるべく奮闘!AIが主題歌書き下ろし『AI崩壊』予告&ポスター
  • NEWS

大沢たかおが未曽有の危機を食い止めるべく奮闘!AIが主題歌書き下ろし『AI崩壊』予告&ポスター

2019年10月28日 7:00

デビュー20周年を迎えるAI(アイ)が本作のために「僕らを待つ場所」を書き下ろし | [c] 2019 映画「AI 崩壊」製作委員会

映画、舞台、ナレーターと様々なフィールドで活躍を遂げる大沢たかおが主演を務め、共演に賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典ら豪華キャスト陣が集結した『AI崩壊』が2020年1月31日(金)から公開される。このたび、予告映像とポスターが到着し、あわせて主題歌がデビュー20周年を迎えるAI(アイ)の描き下ろし楽曲「僕らを待つ場所」となることが発表された。

『22年目の告白―私が殺人犯です―』(17)の入江悠が監督と脚本を手掛けた完全オリジナル作品となる本作は、10年後の日本を舞台に年齢、年収、家族構成、病歴、犯罪歴など国民の個人データを完全に掌握し、全国民の個人情報と健康を管理する医療AI“のぞみ”が、生きる価値の無い人間を選別して殺りくを開始するという未曽有の事態が発生する、という物語となっている。

到着した予告映像では、AI“のぞみ”によって快適な社会へと変貌を遂げた日本の様子とともに、そのAIを生みだした大沢演じる天才科学者の桐生の姿が映しだされる。しかし、AIの暴走により生きる価値の無い人間が選別され殺りくが開始されると、日本はパニック状態に。その暴走を引き起こしたテロリストとして桐生が容疑者に挙げられると事態は一変。決死の逃亡劇がはじまる。壮絶なアクションとともに、賀来演じる桐生の義理の弟で桐生が開発したAIを管理する企業の代表である西村や、岩田演じる警察庁のエースで若き天才捜査官の桜庭と広瀬演じる警視庁捜査一課に所属する刑事の奥瀬、三浦友和演じる所轄のベテラン刑事である合田、松嶋菜々子演じる桐生の亡き妻でAIの共同研究者である望といった豪華キャスト陣が演じるキャラクターたちの思惑も交差するなど、はたしてなぜAIは暴走したのか、そしてその暴走を食い止めることができるのか、期待に胸高鳴る映像となっている。

あわせて、本作の主題歌がAI(アイ)の新曲「僕らを待つ場所」になることも発表。到着した予告映像内でも聞くことができる主題歌は、2019年11月にデビュー20周年を迎えるAIが本作のために書き下ろしたもので「この曲を歌うときに感情的になりまくってましてなかなかレコーディングが進まなかったです。いままでで一番泣いたかも(笑)」と語ると同時に、「映画のイメージとはあえて逆に、機械的な音を避けました。でも温かく生の声を伝えたかった」と明かすなど、AI渾身の楽曲となっている。さらに、いち早く主題歌を聞いた大沢は「人と人とのすべての繫がりへの深い愛と尊敬など感じられる曲だと思いました」とAIが楽曲に込めた深い愛と尊敬を感じたことを語るなど、本作の物語と楽曲が調和し新たな感動を生む主題歌となっている。

入江監督と豪華キャスト陣で贈る興奮と感動の近未来パニックエンタテインメントを見届けることがますます楽しみになった!

関連映画

関連映画ニュース

[c] 2019 映画「AI 崩壊」製作委員会| [c]2020「AI 崩壊」製作委員会| [c] 2020「AI 崩壊」製作委員会