• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • “ファブ5”と相思相愛な水原希子が感じた「クィア・アイ in Japan!」の魅力とは?
  • NEWS

“ファブ5”と相思相愛な水原希子が感じた「クィア・アイ in Japan!」の魅力とは?

2019年10月27日 14:00

ファブ5と水原希子が談笑する姿にほっこり! | Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」11月1日(金)独占配信開始

悩みを抱え自信を失った人たちをフード&ワイン担当のアントニ、インテリア担当のボビー、美容担当のジョナサン、カルチャー担当のカラモ、ファッション担当のタンと各分野で活躍する5人のプロフェッショナル、通称“ファブ5”によって魅力的に生まれ変わらせるリアリティ番組「クィア・アイ」が、現在Netflixのオリジナルシリーズとしてシーズン4まで配信中。そのファブ5が日本を舞台に、東京のガイドを務める水原希子、特別ゲストの渡辺直美と協力して日本の依頼者たちのために大奮闘するスペシャルシーズン「クィア・アイ in Japan!」が11月1日(金)から配信される。このたび、「希子は、このグループの6人目のメンバーとして相応しい」とファブ5から認められた水原がシリーズの魅力を語る特別コメントが到着した。

ファブ5との交流によって大きく変わっていく日本の依頼人たちを間近で見た水原は、「“自分を大切にすること”の重要さを再認識させられた」と語り、あわせて「自分に自信を持つことの大切さだったり、小さいちょっとした積み重ねが大きな変化をもたらしてくれることに気づかされました。そういうことって“アメリカの番組だから共感できない”ということはまったくなくて、“全人類”が共感できるものだと思います。大事なことは“自分を愛すること”。愛というものの大切さを気づかせてくれるから多くの人から受け入れられているんだと思います」と、人種や国境、性別を越えて誰もが共感できるテーマを含んでいることを明かす。

さらに、「日本人は他人の目を気にすることが多いと思います。“他人になにを思われても、それは他人の問題で自分が自分らしくいられるようにしていくこと”をこの番組で学びました」と他人の目を気にしてしまうという日本人特有の性格を改善するヒントが本シーズンにあることをコメントした。

タンと水原の仲睦まじい姿にも注目! | 画像はT A N . F R A N C E(@tanfrance)公式Instagramのスクリーンショット

また、ファブ5のサポートも担った水原についてタンは「あらゆるエピソードに希子がいることですごく楽しい躍動感が生まれるんだ。でも地に足がしっかりとついていて分別のあるとてもカッコよくて非常に知的な人だよね」と評し、ガイド役としてのリードにより依頼人4名のプロデュースが成功したことを振り返る。アントニも同意し「すばらしいメッセンジャーの役割を果たしてくれたね。文化的なニュアンスとかわからないことがあっても助けてくれて、僕らの仕事をとても楽にしてくれた。本当に素敵な女性だよ」と絶賛のコメントを寄せた。

そんな水原はガイドという立場でありつつも、依頼人たちに寄り添いアドバイスを送ることも。特に、いじめを受けた経験を持つイラストレーターのカエには「私も彼女と同じことを感じたことがあった。だから“辛いけどほかの人も悩みを抱えているから、そんなに悩まずにあなたが持っている特徴をいかして!たとえば漫画家になれなくてもアーティストになれるかもしれないし、その作風を使ってなにか違うものを作れるかもしれない”というアドバイスをしたんです。だけど、実は自分自身に言っていたというか“たくさん賞を獲れる女優さんにはなれないかもしれないけど、私にできることはある”って彼女に言いながらも自分にも言っていて、一緒に悩みを感じて解決している感じがしました」と依頼人と同じ目線に立ち、優しくそして共感を持ってアドバイスしていたことを語った。

はたして、ファブ5と水原、渡辺の7人は悩める依頼人たちにどんな言葉を送り、どういった大改造を施すのか。一緒に笑い、泣き、新しい自分になれる勇気をくれるヒントが溢れるスペシャルシーズンの配信を心して待ちたい!

文/編集部

関連映画ニュース