全世界9200万部の『マジック・ツリーハウス』が日本のアニメスタッフにより映画化決定 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2011/3/8 20:25

全世界9200万部の『マジック・ツリーハウス』が日本のアニメスタッフにより映画化決定

1992年にアメリカで発行され、子供たちの口コミで火がつき、各地の学校や図書館で貸し出しが順番待ちになるほどの大人気となった児童書シリーズ「マジック・ツリーハウス」(3月までに45巻刊行中)。日本だけでも330万部、全世界では9200万部を超える大ベストセラーの冒険ファンタジー作品だ。

その劇場版アニメが日本アニメ界のスタッフにより製作され、2012年1月7日(土)より新宿ピカデリーほかで全国公開されることが決定した。

今回の映画化は、世界中から映画化オファーが殺到する中、作者のメアリー・ポープ・オズボーンが日本原作のオリジナルイラストを気に入り、日本に初めて映画化権を承諾したという経緯がある。世界に誇る日本アニメ界の強力布陣が製作するということで、日本のみならず世界中で注目されるのは間違いないだろう。

製作陣は監督に錦織博、脚本に大河内一楼と、アニメファンなら誰もが知る実力派スタッフがそろう。また、音楽には『黄泉がえり』『愛を乞うひと』で日本アカデミー賞を受賞した千住明も参加している。

少年ジャックとその妹アニー。仲良し兄弟の夢と魔法とスリルいっぱいの大冒険が大スクリーンで見られる日を今から楽しみに待っておこう。【Movie Walker】