• TOP
  • ニュース
  • 吉沢亮がスペイン語で挨拶!『空の青さを知る人よ』にシッチェス映画祭が大熱狂
  • NEWS

吉沢亮がスペイン語で挨拶!『空の青さを知る人よ』にシッチェス映画祭が大熱狂

2019年10月11日 13:56

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」と『心が叫びたがってるんだ。』(15)を手がけたクリエイターチーム“超平和バスターズ”が再集結を果たしたオリジナル長編アニメーション『空の青さを知る人よ』が、いよいよ本日10月11日から公開。それに先駆けて現地時間9日、シッチェス・カタロニア国際映画祭で公式上映が行われ、吉沢亮と吉岡里帆、長井龍雪監督が舞台挨拶に登壇した。

シッチェス・カタロニア国際映画祭での公式上映に吉沢亮、吉岡里帆、長井龍雪監督が登壇!
シッチェス・カタロニア国際映画祭での公式上映に吉沢亮、吉岡里帆、長井龍雪監督が登壇![c]2019 SORAAO PROJECT

スペインのシッチェスで行われるシッチェス・カタロニア国際映画祭は、ブリュッセル、ポルトと共に「世界三大ファンタスティック映画祭」に数えられ、SFやホラーなどのジャンル映画に特化した権威ある映画祭。本作はアニマット部門(アニメーション部門)に加え、映画祭全体のグランプリを決めるオフィシャルファンタスティック・コンペティション部門の2部門に選出されている。

熱狂的なファンが大勢駆けつけたメイン会場「オーディトリ・メリア・シッチェス」のレッドカーペットを練り歩いた吉沢と吉岡、長井監督の3人は、その後およそ800名の観客で埋め尽くされた上映会場で舞台挨拶。冒頭から吉沢がスペイン語で挨拶すると、現地のファンからは大歓声が巻き起こり、初めて海外映画祭に参加した吉岡と長井監督も喜びを爆発させていた。

上映後には会場一体となって大きな拍手が!
上映後には会場一体となって大きな拍手が![c]2019 SORAAO PROJECT

上映終了後には大きな拍手で会場が包まれ、多くの観客が生き生きとしたストーリーや緻密に描かれた日本の風景に魅了されたようで、「今年のシッチェス映画祭のなかで最高の作品」との声も。その熱狂ぶりを受け、現地スペインの配給会社からオファーがあり、本作がスペイン語圏を含む合計94の国と地域で公開されることが決定したとのこと。

シッチェス国際映画祭では過去に『リング』(98)と『座頭市』(03)がグランプリを受賞。またアニマット部門でも『サマーウォーズ』(09)や『君の名は。』(16)、『未来のミライ』(18)などが最優秀長編作品賞を受賞しており、本作もそれら日本を代表するアニメーション作品に続くことができるのか、大いに注目が集まるところ。授賞式は現地時間10月12日(土)夜に行われる。本作から届けられる吉報に期待したい!

関連映画

関連映画ニュース