• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 第32回東京国際映画祭の“絶対ハズせない作品”とは?2人の映画ソムリエが徹底トーク!
  • NEWS

第32回東京国際映画祭の“絶対ハズせない作品”とは?2人の映画ソムリエが徹底トーク!

2019年10月09日 10:30

東京国際映画祭のプレビュートークイベントが今年も開催!

10月28日(月)から11月5日(火)まで六本木と東京ミッドタウン日比谷他にて開催される第32回東京国際映画祭に向けて10月3日、LOFT9 Shibuyaにてプレビュートークイベントが開催。「コンペティション」部門と「日本映画スプラッシュ」部門などのプログラミング・ディレクターを務める矢田部吉彦と「アジアの未来」部門と「クロスカット・アジア」部門などのプログラミング・ディレクターを務める石坂健治が登壇した。

今年も世界各国から選りすぐられた約200本にも及ぶ作品が上映される東京国際映画祭。昨年に引き続き開催されたこのプレビュートークイベントでは、上映作品の中から今年の絶対ハズせない作品であったり、映画を通して垣間見える遠い国々の知られざる情勢や文化、さらには期待の日本人映画監督や登壇ゲストの情報などが語られていく。

まず矢田部が語ったのは「非常に特徴的な8本」がラインナップされた「日本映画スプラッシュ」部門。「この部門は若手監督発掘のようなイメージを持たれるんですが、どちらかというとインディーズ映画応援企画に近い」と明かすと、公式ホームページでのアクセス数が断トツナンバーワンだという『タイトル、拒絶』をはじめ『どうしようもない僕のちっぽけな世界は、』や『花と雨』を紹介。さらに『i -新聞記者ドキュメント-』と『れいわ一揆』のタイトルを挙げ「この2本のドキュメンタリー映画を並べて上映できるなんて!もういまから興奮しています」とコメント。

つづけてカンヌ、ヴェネチア、ベルリンの3大映画祭で上映された話題作を集めた「ワールド・フォーカス」部門については、矢田部自身が「一番好きな映画」と語る『ファイアー・ウィル・カム』と、アニメーション作品ながらヴェネチア国際映画祭で脚本賞を受賞した香港映画『チェリー・レイン7番地』を紹介。60年代の香港での反英国統治デモを描いた後者について「いまの香港の情勢にも通ずるものがあり、いままさに観ておくべき作品」と語った。

そして東京国際映画祭に3つあるコンペティティブ部門のひとつである「アジアの未来」部門について石坂が解説。「昨年までこの部門は、国や地域を平等に紹介できるようにバランスを取っていたんですが、今年はそれをやめて、本当におもしろい作品たちを集めてみました」と明かし、偶然にも韓国とイラン、香港といった日々ニュースで取りざたされる国々から2作品ずつが選出されることになったとのこと。

さらに「今年のアジア映画の全体の傾向をひとつ言うと“ホラー色”が強め」と、今年で6年目を迎える【国際交流基金アジアセンターpresents「クロスカットアジア」部門】で“ファンタ”映画の宝庫である東南アジアの知られざる一面に触れる「ファンタスティック!東南アジア」が特集される経緯を明かし、中でもフィリピン映画『リリア・カンタペイ、神出鬼没』を「今年僕が一番観て欲しいと言える作品。本当にオススメしたい」と力説した。

1年かけて世界中の新作映画を大量に鑑賞してきた映画ソムリエたちが厳選に厳選を重ねて選び出したラインナップが上映される東京国際映画祭。毎年この機会にしか観ることができない貴重な作品との出会いを楽しみにしている人はもちろんのこと、異国の文化や、いま世界ではどのような出来事が起きているのか興味がある人も、是非ともこの機会に様々な国の様々な作品に触れてみてはいかがだろうか。

第32回東京国際映画祭のチケットは10月12日(土)から部門別に順次発売開始となる。上映作品の詳細やスケジュール、チケット販売についてはホームページを確認してほしい。

文/久保田 和馬

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019 松竹株式会社| [c]2019「カツベン」製作委員会| [c]Netflix| [c]2019松竹株式会社| [c]「2019カツベン!(仮)」製作委員会| [c] 東映・東映アニメーション| [c]Barbara Film Committee| [c]PSC