• NEWS

Perfumeが『屍人荘の殺人』の主題歌に決定!神木隆之介「飛ぶほど喜んでいます」

2019年10月9日 05:50

「このミステリーがすごい!」国内編第1位をはじめ、2017年の主要ミステリーランキングで4冠を達成した今村昌弘のデビュー作を、「99.9 -刑事専門弁護士-」シリーズや『任侠学園』(公開中)を手掛けた木村ひさし監督が実写映画化した『屍人荘の殺人』(12月13日公開)。このたび本作の最新予告映像が完成し、主題歌をPerfumeが担当することが明らかになった。

Perfumeと神木隆之介、浜辺美波、中村倫也がご対面!
Perfumeと神木隆之介、浜辺美波、中村倫也がご対面![c]2019「屍人荘の殺人」製作委員会

本作は大学のミステリー愛好会に所属する自称“ホームズ&ワトソン”こと、ミステリー小説オタクなのに推理が当たらない万年助手の葉村譲と、事件の匂いを嗅ぎつけては首を突っ込む明智恭介の2人が、謎の美人女子大生探偵の剣崎比留子に誘われて参加したロックフェス研究会の合宿で、想像を絶する異常事態に巻き込まれていく物語。神木隆之介、浜辺美波、中村倫也ら人気実力を兼ね備えた3人に加え、葉山奨之や矢本悠馬、佐久間由衣ら個性豊かな共演陣にも注目が集まっている。

このたび解禁された予告映像では“探偵助手”の葉村と、明智と剣崎の“ダブル探偵”がクセモノだらけの宿泊者が集う山奥のペンション“紫湛荘”で前代未聞の密室殺人事件に直面する様子が、緊迫感あふれる雰囲気の中で展開していく。そんな本作をさらに盛り上げていくのが、中田ヤスタカが本作のために書き下ろし、Perfumeが歌う主題歌「再生」。

来年でデビュー15周年を迎えるPerfumeが邦画の主題歌を担当するのは『ちはやふる -結び-』(18)以来。あ〜ちゃんは「曲のイメージや歌詞に込められた意味について、レコーディング前に中田さんから言われることはあまりないのですが、今回はいつも以上にしっかりと教えてもらった上で歌わせていただいた」と、特に力の入った楽曲になっていることをアピール。

『屍人荘の殺人』は12月13日(金)から公開!
『屍人荘の殺人』は12月13日(金)から公開![c]2019「屍人荘の殺人」製作委員会

一方で、同じ事務所に所属しプライベートでも親交のある神木は「こうやって一緒にお仕事をさせていただくのは初めてで、変な感じがします(笑)。すごく素敵な曲を歌っていただいて、飛ぶほど喜んでいます!」と大喜びの様子。はたして“前代未聞のミステリー”と言われる本作とPerfumeがどんな化学反応を起こしてくれるのか。そしてタイトルの「再生」に込められた意味とは?深まるばかりの謎の答えは、是非とも劇場で目撃してほしい!


関連映画

関連映画ニュース