• TOP
  • ニュース
  • 『日本沈没』Netflixで初のアニメ化決定!オリンピックイヤーを舞台に湯浅政明が映像化
  • NEWS

『日本沈没』Netflixで初のアニメ化決定!オリンピックイヤーを舞台に湯浅政明が映像化

2019年10月9日 07:00

Netflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』制作決定!2020年Netflixにて全世界独占配信
Netflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』制作決定!2020年Netflixにて全世界独占配信[c]“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

小松左京のベストセラー小説『日本沈没』を、『夜明け告げるルーのうた』(17)、『きみと、波にのれたら』(19)などを手掛けて世界的な評価を受ける湯浅政明監督が、Netflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』として初のアニメ化に挑み、2020年に全世界独占配信されることが決定。このたび、ティザービジュアルが解禁となった。

2020年の東京オリンピック直後の日本が舞台となる本作。突然の大地震に襲われた日本で、都内に住むごく普通の家族、武藤家の歩と剛の姉弟は、大混乱のなか家族4人で東京からの脱出を始めるが刻々と沈みゆく日本列島は、容赦なく武藤家の面々を追い詰めていく。これまでの『日本沈没』の映像作品では描かれることの少なかった“ごく普通の家族の物語”を通じて、“いま描かれるべき日本沈没”がリアルに迫りくる。沈みゆく日本、人々はどこへ向かい、世界はこの事態をどう見つめるのか?否応なく究極の選択を突きつけられた人々が向き合う現実と再生の物語が描かれる。

1973年に小説として発表され、累計470万部のベストセラーとなった原作の『日本沈没』。同年の実写映画化では配給収入28.2億円を記録し、2006年公開の草彅剛、柴咲コウの共演でも話題となった樋口真嗣監督によるリメイク版では興収53.4億円の大ヒットを記録するなど、まさに一大コンテンツとなっている。

今回その初のアニメ化に挑むのが、『夜明け告げるルーのうた』でアヌシー国際アニメーション映画祭長編部門最高賞のクリスタル賞を受賞し、国内外から注目を浴びるアニメーターの湯浅政明。『きみと、波にのれたら』(19)や、「クレヨンしんちゃん」シリーズの外伝最新作となる『SUPER SHIRO』(19)など、コンスタントに作品を発表し続けている湯浅監督が、アニメ表現の限界に挑み絶大な支持を集めた『DEVILMAN crybaby』(18)以来2度目となるNetflixオリジナルアニメシリーズを手掛ける。音楽は、『ピンポン THE ANIMATION』(14)『DEVILMAN crybaby』から3度目の湯浅監督とのタッグとなる牛尾憲輔が担当。制作は湯浅監督が率いるサイエンスSARUが手掛ける。

このたび解禁されたティザービジュアルでは、崩壊した都市の中で一歩前に踏み出そうとする本作の主人公・歩と剛の姿が描かれ、シビアな現実の中でも一筋の希望を感じさせる。アニメ作品ならではの映像表現で、実写では描くことのできなかった未曽有の天変地異を描く本作。湯浅監督のダイナミズム溢れる表現方法によってどう描かれるのか、完成に期待が高まる。

関連映画

関連映画ニュース