• COLUMN

この役を演じられるのは彼女だけ!?アンジーとマレフィセントの親和性とは?

2019年10月07日 12:00

シングルマザーとなり、女優業もこなす、まさに現代を強く生きる女性の象徴と言える。 | 写真:Shutterstock/アフロ

『眠れる森の美女』(59)のヴィラン(悪役)を主人公にした新たな物語『マレフィセント2』(10月18日公開)。恐るべきパワーを持った美魔女キャラが、スクリーンに帰って来る!

前作の『マレフィセント』(14)が成功した最大の要因は、アンジェリーナ・ジョリー本人の魅力とキャラクターが強烈にシンクロしたから。周囲の目を惹きつける圧倒的オーラはもちろんだし、アンジー自身が「ディズニーで一番好きなキャラクターだった」と語っているように、役への強い思い入れが一体感を生み出している。アンジーといえば、国連難民高等弁務官事務所で特使を務め、人道支援にも積極的。3人の養子を迎えるなど、子どもたちにそそぐ愛情も大きいことで有名だ。自分が正しいと思ったことをとことん貫くのもアンジーのポリシー。こうした彼女の強さと優しさが、実写化されたマレフィセントの素顔と重なり、役にさらに深みを出しているのだろう。

監督もひと目で決めたパーフェクトなキャスティング

マレフィセントはアンジェリーナ・ジョリーしか演じられない! | [c]2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

「なんてパーフェクトなキャスティングなんだろう!天から授かった組み合わせだ」と語るのはロバート・ストロンバーグ前監督。しかし、決してこの言葉は大げさではない。慈善活動家としても活躍し、実子と養子からなる大家族を築くアンジェリーナ・ジョリーは、マレフィセントと重なる部分があまりにも多いからだ。

トップスターでありながら慈善活動に力を注ぐ

UNHCR親善大使として、アフガンを訪問した時の様子。 | 写真:ロイター/アフロ

『トゥームレイダー』(01)の撮影を終えた2000年ころから人道問題に興味を持ち始め、現在も慈善活動を続けているアンジー。世界をよりよく保ち、平和を願うその気持ちは、マレフィセントの信念と通ずる部分も多いだろう。

養子も実子も関係ない深い愛情

【写真を見る】6人の子どもたちと外出するアンジー。カンボジアから迎えた養子・マドックスくんをはじめ、養子3人、実子3人 | 写真:The Mega Agency/アフロ

アンジーは慈善活動の一環で養子を迎え入れ、自身の子どもも出産した。血のつながりがない子どもに対しても平等に愛を注ぐその姿勢に、マレフィセントとオーロラ姫の関係を重ねて観る人も多いはず。

女優として数々の賞を受賞!

2018年に開催された、第71回英国アカデミー賞授賞式の様子。タイムズ・アップ(現代社会に蔓延するセクハラの撲滅を訴える)の抗議で、ブラックドレスの装いをみせた | 写真:BAFTA/Charlie Clift/Camera Press/アフロ

アクション映画で人気を博したアンジー。しかし、『17歳のカルテ』(00)でアカデミー賞助演女優賞を受賞、『チェンジリング』(08)では同主演女優賞にノミネートされるなど、ジャンルを問わない高い演技力が評価されている。

恋多き女性アンジーの、大スターブラッド・ピットとの恋

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットは、2014年に結婚したが、2016年に離婚を申請した | 写真:ロイター/アフロ

これまでに3度の結婚歴がある恋多きアンジー。共演作『Mr.&Mrs.スミス』(05)がきっかけで、過去にブラッド・ピットと結婚し、3人の子どもが生まれた。家族愛に溢れたアンジーの、次なる恋の行方は…?

文=斉藤博昭【月刊シネコンウォーカー編集部】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.| 写真:The Mega Agency/アフロ| 写真:Shutterstock/アフロ| 写真:ロイター/アフロ| 写真:BAFTA/Charlie Clift/Camera Press/アフロ| 写真:SPLASH/アフロ| [c] 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.| 写真:REX/アフロ