• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 宮沢りえが30年ぶりにデビュー映画と同じ役でカムバック!『ぼくらの7日間戦争』場面写真が到着
  • NEWS

宮沢りえが30年ぶりにデビュー映画と同じ役でカムバック!『ぼくらの7日間戦争』場面写真が到着

2019年9月30日 5:00

『ぼくらの七日間戦争』に出演した宮沢りえが本作に再び戻ってくる | [c] 2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

1985年の発刊以降、シリーズ累計発行部数が2000万部を数える「ぼくらの七日間戦争」を原作としたアニメーション映画『ぼくらの7日間戦争』が12月13日(金)から公開される。このたび、1988年に公開された『ぼくらの七日間戦争』の中山ひとみ役で女優デビューと初主演を飾った宮沢りえが、 同役で本作に出演することが発表され、あわせて場面写真が到着した。

若手実力派俳優の北村匠海と芳根京子が初共演にしてW主演を務める本作は、2020年の北海道を舞台に、原作の魂を受け継いだ新たなストーリーが展開される。

このたび、『たそがれ清兵衛』(12)や『紙の月』(14)で、日本アカデミー賞など各映画賞の主演女優賞を総なめにしてきた宮沢が、キャリアをスタートさせた作品である『ぼくらの七日間戦争』から約30年後の中山ひとみ役を演じることが発表された。中山ひとみは仲間たちを鼓舞して大人たちに反旗を翻す学級委員という印象的なキャラクターだったが、2020年のひとみはどんな姿をし、新たな「7日間戦争」に向き合う少年少女たちとどんな交流を図るのか、期待が膨らむ。

宮沢は出演に対し「私のデビュー映画『ぼくらの七日間戦争』が当時観てくださった方の記憶に刻まれたように、時代を超えて新たに息吹を与えられたアニメーション『ぼくらの7日間戦争』もみなさんの心を揺さぶることができますように」と本作への祈りをこめつつ、感慨深い出演であったことを語った。

また、本作の監督を務めた村野佑太は宮沢の起用について「原作でも映画でも、大人たちはインチキなだけではない存在でした。そこには必ず子どもの味方に立ってくれる、大人側の良心を映しだした素敵な女性の姿がありました。かつての映画で中山ひとみを演じられた宮沢りえさんが、まさにそういった役柄で『7日間戦争』に戻って来てはくれないだろうか…それは脚本段階からの一番の関心ごとでした。宮沢さんは、実写とアニメの垣根を越えて、時代を越えて、中山ひとみとしてスクリーンに戻ってきます」と語った。

あわせて到着した場面写真では、北村演じる鈴原守や芳根演じる千代野綾の姿や、2人とともに逃避行へと繰りだす仲間たちのうしろ姿、そして、秘密基地とする古い石炭工場のような場所が収められており、守たちがどんな戦いを繰り広げるのか想像せずにはいられない。

北村と芳根の若手キャスト陣と豪華声優陣、そして「七日間戦争」のアイコンともいえる宮沢が一堂に会し、不朽の名作を原作とした新たな物語が紡がれる本作にますます期待が高まった!

関連映画

関連映画ニュース

[c] 2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会| [c]2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会| [c] 2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの 7 日間戦争製作委員会| [c]2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会| [c]2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの 7 日間戦争製作委員会