• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 菅野美穂、声優の江原正士、山寺宏一に挟まれ「“レジェンドサンドイッチ”です」と興奮
  • EVENT

菅野美穂、声優の江原正士、山寺宏一に挟まれ「“レジェンドサンドイッチ”です」と興奮

2019年9月26日 12:57

『ジェミニマン』の公開アフレコイベントが開催

ウィル・スミス主演の近未来アクション超大作『ジェミニマン』(10月25日公開)で、日本語吹替版の声優を務める菅野美穂、江原正士、山寺宏一が、9月26日に四ッ谷109スタジオで開催された公開アフレコイベントに登壇。洋画の吹替えは初挑戦となり、声優界のレジェンドに挟まれた菅野は「いま“レジェンドサンドイッチ”で感動してます」と興奮しながら笑顔を見せた。

『ジェミニマン』は、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジェリー・ブラッカイマー製作で、『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』(12)のアン・リー監督がメガホンをとった話題作。ウィル演じる伝説的スナイパーのヘンリーが、政府に依頼されたミッションを遂行中に、“若い自分自身”のクローンに襲われ、巨大な陰謀に巻き込まれていく。

江原は「メン・イン・ブラック」シリーズで、山寺は「アラジン」のアニメや実写映画など、数多くの作品でウィルの声を務めてきたが、本作では主人公のヘンリー、すなわち現在のウィルを江原が、若いウィルを山寺が演じることに。菅野はヘンリーをサポートするヒロイン、ダニー役を務めるが「すごい事態になったなと。ウィルとウィルに挟まれて演技をする“ウィル対スミス”みたいな感じ。新しい映画の体験だなと思いました」と目を輝かせた。

その後、3人が公開アフレコを披露。菅野は「思い出に残る体験をさせていただきました」と感激しきりだ。山寺は「同じ役者を2人でやるのは初めてです」とコメントしたあと、菅野との共演について「我々も共演できてうれしかったです」と言うと、江原も「かわいい声をされてますね。女優さんなので感がいい。これでたくさんやられたら困りますね」と菅野を称えた。

イベントでは、ウィルからのビデオメッセージがサプライズで流され、3人は大喜び。江原が「びっくりした!“マサシ”と呼んでもらえてうれしい」と言うと、実写映画『アラジン』のプレミアでウィルと会っている山寺は「本当にいい人なんです。びっくりするくらい」とウィルの人柄を称えた。菅野は「歯がきれいだなと。ツヤツヤしてる。ずっと前から活躍なさっているのに、この映画でも新しいウィルを見せちゃってるからすごい」と感心していた。

取材・文/山崎 伸子

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.| [c] 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED|  [c] 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.