• TOP
  • ニュース
  • のん「エヴァンゲリオンは大傑作アニメ!」ネルフをイメージした衣装で魅力を熱弁
  • EVENT

のん「エヴァンゲリオンは大傑作アニメ!」ネルフをイメージした衣装で魅力を熱弁

2019年9月12日 16:23

のん、シンジに感情移入!
のん、シンジに感情移入!

新ゲームプロジェクト「エヴァンゲリオン バトルフィールズ」の製作発表会が9月12日にホテルニューオータニ幕張で行われ、女優でアーティストののんが登壇。2020年6月には『新劇場版』4部作の完結編『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開が控えるなど、ますますの盛り上がりをみせる「エヴァンゲリオン」シリーズ。劇中に登場する架空組織“ネルフ”をイメージした衣装で現れたのんが「大傑作アニメ」とその魅力を熱弁した。

「エヴァンゲリオン バトルフィールズ」の製作発表会が行われた
「エヴァンゲリオン バトルフィールズ」の製作発表会が行われた

「エヴァンゲリオン バトルフィールズ」は、「エヴァンゲリオン」シリーズを題材とした新作スマートフォン向けゲーム。会見に出席した矢野慶一総合プロデューサーは「エヴァ同士がバトルするネットワーク型対戦アクションゲーム。プレイヤーはエヴァ同士を戦わせることによって、エヴァの世界の激しいバトルを体験できる」と説明。「『新劇場版』の世界を完全再現しようと、チーム一同が鋭意製作中です」と2020年の始動に向けて、開発に励んでいるという。「ゲームとトイフィギュアが連動する」と“ゲーミングトイ”という新たな試みも明かしていた。

「遅ればせながら、今年になって(シリーズを)初めて観た」というのんは、「大感動した」と興奮気味にコメント。「テレビアニメ、劇場版、新劇場版も観させていただいた。なんでこんなにすごい大傑作アニメを観ていなかったんだと後悔しました」と素直な胸の内を吐露して、会場の笑いを誘っていた。

ゲームにも期待たっぷり
ゲームにも期待たっぷり

熱弁は止まらず、「アクションもかっこいいし、演出もすごい。すべてに驚きがたくさんあった。心理描写がすごくて、つらくなったり、ホッとしたりと心をかき乱されました」と人間ドラマにも惚れ惚れ。とりわけ、主人公の碇シンジに感情移入した様子で「シンジくんが悩んでいると、ああ…かわいそう!と思ったり。胸が締め付けられた」と話す。

「エヴァンゲリオン」シリーズ等の著作権管理を行うグラウンドワークスの神村靖宏代表から「好きなエピソードは?」と聞かれると、のんはテレビアニメ版の「第拾九話:男の戰い」をセレクト。「使徒を食べているっていうシーンが衝撃的。いろいろな恐怖があった。やっとシンジくんが戦おうとした時に、使徒に飲み込まれるんじゃないかという恐怖。恐怖におののくところがリアルで鳥肌が立ちました」と語っていた。

「エヴァンゲリオン バトルフィールズ」にも興味津々で、「少しプレイさせていただいたんですが、戦闘がものすごく楽しかった。自分がエヴァに乗っている感覚で戦える。シンジくんが悩んだり、叫んでいるところを見られたら」と期待を膨らませていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース