• INTERVIEW

the pillows山中さわおが30年のバンド人生を語る!映画『王様になれ』GLAYのTERUやJIRO出演シーンも

2019年9月15日 13:30

国内外のロックシーンにおいて、熱狂的なファンとミュージシャンから絶大なリスペクトを集め続けるバンド、the pillowsの結成30周年プロジェクトとして制作された『王様になれ』(公開中)。主題歌&挿入歌で流れるのはもちろん、the pillowsの名曲の数々で、劇伴もボーカルの山中さわおが手掛けている。本作の制作経緯や主人公の祐介役を好演した岡山天音について、本人役で出演する豪華ミュージシャンとのエピソード、さらに30年のバンド人生で印象に残っていることなどを、原案・音楽を担当する山中に語ってもらった。

バンド結成30周年を迎えたthe pillowsの山中さわおがアニバーサリー映画『王様になれ』を語る
バンド結成30周年を迎えたthe pillowsの山中さわおがアニバーサリー映画『王様になれ』を語る

「自分をすごく良い人にして、ほかの2人を悪者にしちゃうかも(笑)」

30周年のプロジェクトとしてドキュメンタリーではなく、実写作品にした理由について「自分たちがいままでやっていないこと、そして自分の知り得る限りでロックバンドがやっていないものにしたい」と思い立ったという。「よくあるドキュメンタリー形式ではなく、俳優さんがお芝居をする作品を作っているバンドはない。だったら、それをやってみよう」と決めたそうだ。

【写真を見る】劇中でも数々の名曲を演奏するthe pillows
【写真を見る】劇中でも数々の名曲を演奏するthe pillows[c]2019『王様になれ』フィルムパートナーズ

主人公を山中ではなく、山中に出会うカメラマン志望の青年、祐介(岡山天音)にしたのは「俳優さんにthe pillowsを演じてもらうと、ライブハウスを貸し切ってお客さんを入れてと、何度も撮影が必要になる。それは時間的にも予算的にも無理だし、なにより、メンバー全員のドラマティックなエピソードを入れ、かっこよくかつ感動的なエンディングを描くのは、僕に似合わないし難しいと思いました。原案が僕だから、自分をすごく良い人にして、ほかの2人を悪者にしちゃうかもしれないでしょ(笑)。それはアニバーサリーとしては向いていないですよね」といたずらな笑顔を見せた。

つまずきながらも様々なバンドの撮影を行い、必死に夢にしがみつこうとする
つまずきながらも様々なバンドの撮影を行い、必死に夢にしがみつこうとする[c]2019『王様になれ』フィルムパートナーズ

祐介がカメラマンなのは「無名だった人が実力でチャンスを掴む物語を描くとなると、デザイナー、カメラマンなどいろいろな職業が浮かびますが、設定上、僕自身と出会う職業にする必要がありました。カメラマンはダイレクトに自分と絡むので描きやすいと感じました」と説明する。

関連映画

関連映画ニュース