ジェラルド・バトラー主演のシリーズ最新作『エンド・オブ・ステイツ』11月公開! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2019/9/5 12:00

ジェラルド・バトラー主演のシリーズ最新作『エンド・オブ・ステイツ』11月公開!

ハリウッド屈指のアクションスターであるジェラルド・バトラーが主演を務める「エンド・オブ〜」シリーズの最新作となる『エンド・オブ・ステイツ』が11月15日(金)から日本公開されることが決定。このたび、特報映像とポスターが到着した。

かつて世界を未曾有のテロ事件から救ったことで英雄として名を馳せることとなったシークレットサービスのマイク・バニングは、全幅の信頼を得るトランブル大統領の警護にあたるが、歴戦による負傷が彼の体を蝕んでいた。引退が頭をよぎるようになっていたある日、休暇中のトランブル大統領の護衛にあたっていたマイクは、大量のドローンによる奇襲によって意識を失ってしまう。目を覚ましたマイクは大統領暗殺を企てた容疑者としてFBIに拘束され、執拗な尋問を受けることに。隙を突いて逃げ出したマイクは真実を明らかにするため最後の戦いに挑む…。

シリーズ第1作目の『エンド・オブ・ホワイトハウス』(13)、そして前作『エンド・オブ・キングダム』(16)に引き続き、最強のシークレットサービスであるマイク・バニングを演じるのはジェラルド・バトラー。また、トランブル大統領役には、同じく『エンド・オブ・キングダム』に出演した名優のモーガン・フリーマンが演じる本作は、一足早く8月23日から全米で封切られると、3日間の興行収入が22億円以上を記録し、全米初登場No.1を達成。さらに、2週連続でNo.1のヒットを成し遂げている。また、評論家のレビューを集計するサイトのRotten Tomatoesでは観客の支持率が94%という驚異の数字をマークし、ファンからはシリーズ最高傑作との評価を受けている。

到着した特報映像では、マイクとトランブル大統領が大量のドローンによる奇襲を受ける様子から幕を開ける。マイクが逮捕され「俺をハメた人間がいる」と吐き捨てると、真実を明らかにするため最後のミッションへと身を投じていくマイクの姿が映しだされる。前作よりもさらに勢いを増した激しい戦闘とガンアクションをこなすマイクにどんな危機が待ち受けるのか、注目せずにはいられない。はたしてマイクは自らの無実を晴らし、陰謀を阻止することができるのか、期待に胸躍る映像となっている。

未曽有の危機を2度も救ってきた最強のシークレットサービスことマイク・バニングが活躍する「エンド・オブ~」シリーズの最新作がついに日本でも公開決定。本作ではいったいどんなアクションとスペクタクルが待ち受けているのか。最後のミッションに身を投じる彼のその雄姿をぜひ見届けてほしい!

文/編集部


関連作品