吉永小百合、天海祐希と共にももクロと共演し、ファンに感謝「モノノフとして幸せ」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2019/9/3 20:34

吉永小百合、天海祐希と共にももクロと共演し、ファンに感謝「モノノフとして幸せ」

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン共演の同名ハリウッド映画を原案にした感動作『最高の人生の見つけ方』(10月11日公開)のジャパンプレミアが、9月3日に六本木ヒルズアリーナで開催。吉永小百合、天海祐希、ムロツヨシ、ももいろクローバーZ、前川清、犬童一心監督が登壇した。レッドカーペットを歩き、ファンサービスに応えた吉永は「宝塚のスターになったようです。階段を降りてきた時に、そんな心境になりました」と笑顔を見せた。

天海は吉永との共演について「本当にありがとうございました。私たちも本当に幸せな気持ちにさせていただきました」とうれしそうに語った。また、吉永は、ももクロのメンバーやそのファンたちに囲まれ「モノノフ(ももクロのファン)として幸せな気持ちでいます」と言うと、ももクロの百田夏菜子も「皆さまと一緒にこうしていられることは、グループとして夢のようです」と声を弾ませた。

劇中で吉永と天海、ムロが演じる3人の役が、横浜アリーナで開催されたももクロのライブに参加するというシーンがある。百田はそのロケ撮影を振り返り、「ファンの方も知らずにライブをやっていたので、お客さんが一番ビックリしていました。私たちの人生の中でも、宝物になりました」と興奮しながらコメント。

吉永もそのライブ会場でのロケについて「1万2000人のお客様がいらして。私たち、ファンの方たちと一緒に舞台に上がって、踊ってしまって。一生に一度のことです」と言うと、天海も「みなさんが振ってくださっているペンライトや声援が、どれだけ私たちを励ましてくれたか。映画を観て確認してください」とファンたちに感謝した。

『最高の人生の見つけ方』は、吉永小百合、天海祐希共演のハートフルストーリー。人生のすべてを家庭に捧げてきた主婦と、仕事第一で生きてきた大金持ちの女社長が、病院で出会う。余命宣告を受けた2人は、たまたま手にした、同じ病院に入院する12歳の少女の「死ぬまでにやりたいことリスト」を手にし、そこに書かれていたことを、2人で実行していく。

取材・文/山崎 伸子

関連作品