• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • タランティーノとレオが来日「レオとブラッドをキャスティングできたのは、世紀のクーデターだ」
  • EVENT

タランティーノとレオが来日「レオとブラッドをキャスティングできたのは、世紀のクーデターだ」

2019年8月26日 13:41

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でレオとタランティーノ監督が来日
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でレオとタランティーノ監督が来日

レオナルド・ディカプリオと、クエンティン・タランティーノ監督が、タッグ作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(8月30日公開)を引っさげて来日。2人はプロデューサーのシャノン・マッキントッシュと共に、8月26日にザ・リッツ・カールトン東京で開催された来日記者会見に登壇した。妻で歌手のダニエラ・ピックが第1子を妊娠中とのことで、タランティーノ監督は「“タラちゃん”がたくさんいるような日も近いと思う」と喜びを語った。

本作は、タランティーノ監督が執筆に5年の歳月をかけ、レオとブラッド・ピットという2大スターを初共演させた話題作。2人の友情と絆を軸に、1969年というハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。全米では7月26日に公開され、過去のタランティーノ作品最大となるオープニング成績をマークした。

落ち目の俳優、リック・ダルトン役を演じたレオは「2人でリック・ダルトンの魂の部分をどうやって作り上げようかと思ったよ。監督は、役のバックストーリーを全部聞かせてくれた。ブラッドもそうだが、僕はこの映画をやりたいという気持ちにさせられたよ」と監督に感謝した。

タランティーノ監督は、レオとブラッドのキャスティグングについて「2人が役にピッタリだと思った。でも、僕自身が彼らを選んだというよりも、彼らが僕を選んでくれた感じだ。2人が数多くのオファーのなかから、僕の作品を選んでくれたのはラッキーだった。レオとブラッドをキャスティングできたのは、世紀のクーデターだと思っている」と満足気に語った。

ハリウッドで生まれ育ったレオは「ハリウッドがこの業界を作っているので、俳優としてやっていくことがいかに大変なのかを知っている。多くの人が夢を持って、この夢の国にやってくるが、なかなか夢を叶えられないのが現状だ。でも、僕は学校が終わってから、オーディションを受けに行くことができた。いま、自分が俳優として、決定権をもって仕事ができていること自体が奇跡だと思い、日々感謝している。また、一緒に仕事ができる仲間がいること自体も奇跡だね」とコメント。

タランティーノ監督も「僕はハリウッドで生まれ育ったわけではないけど、もう20年も住んでいるから、今は故郷になっている」とハリウッドへの想いを口にした。

レオは『レヴェナント: 蘇えりし者』(15)で2016年3月以来、3年5か月ぶり11度目、タランティーノ監督は『ジャンゴ 繋がれざる者』(12)で、2013年2月の来日以来、6年半ぶりの来日となった。タランティーノ監督たっての希望で、日本がプロモーションツアー最後の地となった。

取材・文/山崎 伸子


ディカプリオ×ブラッド・ピット初共演の話題作をフィーチャー!

関連映画

関連映画ニュース