• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 沢村一樹&志尊淳「おっさんずラブ」の現場はアベンジャーズ大集合のよう!“はるたん”と牧への愛を叫ぶ
  • INTERVIEW

沢村一樹&志尊淳「おっさんずラブ」の現場はアベンジャーズ大集合のよう!“はるたん”と牧への愛を叫ぶ

2019年8月24日 15:00

沢村一樹、志尊淳が“はるたん”&牧への愛を叫ぶ!

2018年の新語・流行語大賞トップ10にも選ばれるなど社会現象を巻き起こした人気ドラマが、『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(公開中)となって帰ってきた。田中圭、吉田鋼太郎、林遣都をはじめとするおなじみのメンバーが勢ぞろいするだけでなく、沢村一樹、志尊淳が参戦し、さらにパワーアップ!笑って泣ける、大きな愛の物語が展開する。そこで今回、新キャラクターを演じる沢村と志尊を直撃。田中演じる“はるたん”こと春田、林演じる牧のカップルに影響を与えるキャラクターに扮した2人に、“はるたん”&牧への愛を叫んでもらうとともに、「アベンジャーズが集まったような、奇跡的な現場。本シリーズの人気の秘密を実感した」という特別な熱気にあふれた撮影現場の様子を明かしてもらった。

「おっさんずラブ」がスクリーンに帰ってきた…!OL民大熱狂! | [c]2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会

モテない独身ダメ男の春田創一と、誰もが憧れる理想の上司の黒澤武蔵(吉田)、イケメンでドSな後輩の牧凌太たちの三角関係をピュアに描いたラブコメディドラマを映画化した本作。テレビシリーズの1年後を舞台に、沢村演じる本社プロジェクトチームのリーダーの狸穴迅、志尊演じる新入社員の山田正義(ジャスティス)を含めた五角関係が描かれる。

「田中圭はいつも全身全霊で、声が大きい(笑)。まさに“はるたん”!」(沢村)、「圭くんは『なんでも受け入れるから、好きなようにやれ!』と言ってくれた」(志尊)

劇場版からの参加に「プレッシャーもあった」という

どこまでもピュア。それゆえに笑えて、キュンとできるような王道のラブストーリーとして、大人気を博したドラマの映画化が実現した。劇場版から参加した沢村と志尊だが、プレッシャーも感じたという。沢村は「撮影が始まる前は、プレッシャーをあまり感じていなくて、むしろ楽しみの方が大きかったんです。でも撮影現場に入ってみると、みんなの熱が思った以上にものすごくて。シリーズの人気はここから生まれたんだと感じると、プレッシャーが増していきました」。一方の志尊は「僕は、撮影に入る前のプレッシャーの方が大きかったです。人気作ですし、春田さんとジャスティスは難しい絡み方をするので、不安な点も多々あって。でも撮影に入ると、ものすごく楽しかった」と告白。2人ともが現場の“特別な熱”を肌で実感したという。

その熱は、どのように生まれているのだろう。沢村は「座長が火をつけるのがうまいんですよ」と田中圭を思い浮かべて、ニヤリ。「いつも全身全霊だし、一緒に演じていると、素の田中圭なのか、“はるたん”なのか、その境目がわからなくなってくるんです。僕は芝居をやる時って、素で演じることはすごく難しいと思っていて。圭くんはそれがすごくうまい。自然体でぶつかってくるので、受ける側はどうしてもスイッチを入れられてしまう。ただ狸穴はエリート役なので、あまり崩したりはできないんですよね。圭くんにぶつかってこられた時、崩しきれないのがもどかしくなったくらいです」。

田中圭はいつも全身全霊。まさに“はるたん”! | [c]2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会

志尊は「撮影初日には、僕がいろいろと悩んでいるのを感じて、圭くんがご飯に誘ってくれたんです。『なんでも受け入れるから、好きなようにやれ!』と言ってくれて。その上『お前のことだから、別に心配していないよ』とさらっと言ってくれたんです。それですごく安心して、好きにやっていいんだという気持ちになれました」と田中の心くばりに感謝。「それからは圭くんとのお芝居が、とにかく毎日楽しくて!なにが起こるかわからない楽しさがいつもありました」と台本を超えたやり取りが日々繰り返されたそうで、「圭くん、あおったりするんですよ。圭くんから『今日は遣都とのシーンを撮ってきたんだけれど、すげえいい!』とか、そういうことを聞くとこちらも燃えますよね」と切磋琢磨したことを述懐。沢村は「あと圭くんは、声が大きいよね」と切りだし、「『おはようございます!』って現場に入ってくるもんね。元気がいいというよりか、声がデカイ。そんなところも“はるたん”にぴったり」と楽しそうに語っていた。

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会