• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 平野紫耀、橋本環奈らから天然ぶり暴露に「こんなに言われるなんて、足の指がシビれてきた」とタジタジ
  • EVENT

平野紫耀、橋本環奈らから天然ぶり暴露に「こんなに言われるなんて、足の指がシビれてきた」とタジタジ

2019年8月07日 20:19

平野紫耀(King & Prince)、橋本環奈の初共演が実現!

累計発行部数750万部を突破する赤坂アカの人気コミックを映画化した『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』(9月6日公開)の完成披露舞台挨拶が8月7日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、平野紫耀(King & Prince)、橋本環奈、佐野勇斗、池間夏海、浅川梨奈、堀田真由、ゆうたろう、河合勇人監督が登壇。周囲から数々の“言い間違い”を指摘された平野が「だんだん足の指がシビれてきた。こんな暴露大会になるなんて」と戸惑い、会場の笑いを誘った。

『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の完成披露舞台挨拶が開催!

本作はエリートたちが集う学園を舞台に、互いに惹かれ合いながらも、「告白したら負け」という呪縛にとらわれた生徒会会長の白銀御行(平野)と生徒会副会長の四宮かぐや(橋本)が、相手に告らせることを目的に恋愛頭脳戦を繰り広げる姿を描く物語。

撮影期間は、お互いの“天才的な一面”を目にしたという平野と橋本。平野は「テレビで拝見していると、女優さんらしくて、上品な方なんだと思っていた」と橋本の人柄に触れた率直な感想を語り、「ちょっと言い方が悪いですかね!すいません!」とすぐさま謝罪。「ギャップがあった。接しやすくて、人と壁をなく接することができる天才だなと思いました。監督にも『カンカンとやるの何回目ですか』と聞いたくらい。“親しきなかにも礼儀あり”を抱えた状態で近づいていく」と語っていた。

平野紫耀、バズーカを持って客席側から登場!

一方の橋本は「このまんまです。裏でも、テレビで皆さんが見ている印象と一緒」と平野の印象について口火を切り、「天才的な部分を近くで感じていました」と告白。「天才にもいろいろ種類があるんですが、すごく変わっている。よく言い間違いをする。自分のセリフを間違えると、だいたい自分で気付くもの。でもこの方は全然気づかない。周囲は気づいているから、クスクス笑ってしまうんですが、カットがかかった瞬間に(平野は)『なんで笑っているの?』って。いやいやいや!」と平野の天然ぶりを明かしていたが、それからは共演者陣が次々に平野の“言い間違い”を暴露した。

橋本が「独特の“平野くん語”を作りだす。毎日、積み重なるくらい」、浅川が「寒がりと冷え性とまざちゃって、“冷やがり”と言っていた」、佐野も「一時期メモってたんだけど、ありすぎてやめた」と続くと、平野は「自覚はないんですよ。言葉がいっぱい出てきちゃって、『どれを言おうかな』と思っていると合体して出てきちゃう。不思議ですね」とコメント。「こんなに言われると思わなかったから、だんだん足の指がシビれてきました」と周囲からの暴露にタジタジとなり、橋本から「どういうこと!」とツッコまれていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース