• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 庵野秀明と樋口真嗣の新たな“シン”シリーズはウルトラマン!『シン・ウルトラマン』が始動
  • NEWS

庵野秀明と樋口真嗣の新たな“シン”シリーズはウルトラマン!『シン・ウルトラマン』が始動

2019年8月01日 12:45

庵野秀明と樋口真嗣のタッグで贈る『シン・ウルトラマン』プロジェクトが始動! | [c]円谷プロ

1966年からテレビドラマ放送が開始され、日本を代表する不動のヒーローとなった「ウルトラマン」。この度、『シン・ゴジラ』(16)を大ヒットに導いた庵野秀明と樋口真嗣が再タッグを組み、「ウルトラマン」をまったく新しい形で現代に描きだす『シン・ウルトラマン』プロジェクトの始動が発表!さらに斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊ら豪華キャスト陣の参戦も明らかとなった。

本作の企画、脚本は、自身もウルトラマンシリーズのファンを公言する庵野秀明。監督は、「新世紀エヴァンゲリオン」をはじめ、数々の傑作を庵野と共に世に送りだしてきた盟友樋口真嗣が務める。社会現象にもなった『シン・ゴジラ』で、第40回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞など主要7部門を受賞した最強コンビが、満を持して新たな空想特撮作品に挑むこととなる。『シン・ゴジラ』が初代『ゴジラ』(54)を現代社会に再構築した作品であったように、本作も現代を舞台に“未だ誰も見たことのないウルトラマン”が存在する世界を描くという。

さらに、主要キャスト情報も解禁となった。詳細な役柄は明らかとなっていないが、主人公の“ウルトラマンになる男”には、『シン・ゴジラ』にも出演し、『昼顔』(17)、11月には自身がプロデュース、主演を務める『MANRIKI』の公開も控える斎藤に白羽の矢が立った。正統派から怪役まで様々なキャラクターを演じ分ける斎藤は、かつてウルトラシリーズの監督を務めた、故実相寺昭雄監督と対談する機会を持つことがあったという。その時を振り返り、「前のめりに当時の円谷プロや「ウルトラマン」の様々な話を伺えた事は、全て“ココ”に繋がっていたのではないかと今振り返ると思います」と、今回の抜擢に感無量の様子。そして主人公の相棒役を務める『キングダム』(19)、『コンフィデンスマンJP』(19)と話題作の出演が続く長澤は、「誰もが憧れる庵野さんの作品に出演出来る事をとても光栄に思います」と庵野作品への参加に意欲を示すコメントを発表した。さらに『散り椿』(18)、『空母いぶき』(19)など、幅広い役柄でその存在感を示す西島は、「世界的人気で誰もが知る「ウルトラマン」を、あの『シン・ゴジラ』チームが再集結して映画化するとお話を伺った時の驚きと興奮がいまだに冷めません」と本作への出演に興奮を隠せないようだ。

日本を代表するクリエイターと実力俳優たちが集結し、樋口監督が「新たな、でもそれは私が物心ついた頃から輝き続けているバトンを託された」と語った本作。誰もが知る名作特撮ヒーロー「ウルトラマン」は、どのような“シン”化を遂げるのだろうか?期待は高まるばかりだ。

関連映画

関連映画ニュース

[c]円谷プロ | [c]2021「シン・ウルトラマン」製作委員会| [c]2016 TOHO CO., LTD.| [c]今野 敏 / [c]2019 映画「任俠学園」製作委員会| [c]2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会| 撮影/黒羽政士| [c]円谷プロ [c]Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi [c]ULTRAMAN製作委員会