• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 諏訪敦彦、西川美和らも絶賛!南沙良主演『無限ファンデーション』に賛辞が続々
  • NEWS

諏訪敦彦、西川美和らも絶賛!南沙良主演『無限ファンデーション』に賛辞が続々

2019年7月30日 17:00

話題の即興映画『無限ファンデーション』に賛辞が続々! | [c]2018「無限ファンデーション」製作委員会

『お盆の弟』(15)の大崎章監督が西山小雨の楽曲「未来へ」を原案に、台本なしの即興芝居で紡いだ『無限ファンデーション』が、8月24日(土)から公開される。このたび、諏訪敦彦、西川美和ら錚々たるメンバーからのコメントが到着した。

人付き合いが苦手な女子高生の未来は、服飾デザイナーになる夢を胸に秘め、誰にも打ち明けることなく退屈な日々を過ごしていた。ある日の帰り道、リサイクル施設から聴こえる澄んだ歌声に導かれ、ウクレレを弾きながら歌う不思議な少女、小雨と出会う。さらには未来が描いた洋服のデザイン画を目にした演劇部のナノカたちに誘われ、舞台の衣装スタッフとして入部することになる。戸惑いつつも小雨やナノカたちに心を開いていく未来だったが、彼女たちの一夏はやがて思いがけない方向へと走りだしていく…。

主人公の未来を演じた南沙良(『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』)のほか、原菜乃華(『はらはらなのか。』)、小野花梨(『SUNNY/強い気持ち、強い愛』)、近藤笑菜(ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」、日高七海(『飢えたライオン』)ら、若手実力派女優たちが体現する、瑞々しくも緊張感あふれる夏の一ページを切り取った本作。

このたびそんな本作に、錚々たるメンバーからのコメントが到着。脚本のない映画を制作した経験がある諏訪敦彦監督からは「即興演技は、それが単に映画にリアルを纏わせる衣装でしかないならば虚しい。俳優たちが自らの生を賭けて存在しようとする時、彼女たちの存在は花火のように飛び散って映画を破壊するかもしれないが、それでもこの映画はひとりひとりの生を肯定することをやめない」と賛辞を贈った。

また、西川美和監督からは「田舎の高校生のいざこざという、ちっぽけなことだからこそ、大きな映画の大きないざこざより、誰でも硬直するほど身に覚えがあり怖いのです」とのコメントが。脚本家の狗飼恭子からは「わたしたち脚本家は、細かい並びや句読点にまでこだわって台詞を書いているというのに、生身の人間から瞬間的に発せられる言葉の重みとその説得力たるや」と、緊張感あふれる役者たちのぶつかり合いに関心した様子だ。また、ほかにも女優の穂志もえか、根矢涼香、ミュージシャンのつじあやの、Base Ball Bearの関根史織、アイドル評論家の中森明夫からもコメントが寄せられている。

少女たちが過ごした2018年の夏の温度感が伝わるような本作。ぜひ、酷暑の納まる8月末に劇場で、その“温度”を体感してみてはいかがだろうか。

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018「無限ファンデーション」製作委員会| [c]2015映画「お盆の弟」製作委員会| 撮影/杉映貴子 ヘアメイク/平井寛功 スタイリスト/道券芳恵|  撮影/植村忠透| 撮影/植村忠透 ヘアメイク/藤尾明日香(南) スタイリスト/武久真理江(南) 衣装協力/KIDS LOVE GAITE(南)| 撮影/黒羽政士