• NEWS

『コリン LOVE OF THE DEAD』初日に墓場で熟成された青色のゾンビ肉をプレゼント!

2011年1月20日 12:30

魔界の定番珍味、黒こしょう味のゾンビ肉ジャーキー(協賛:ノルコーポレーション)
魔界の定番珍味、黒こしょう味のゾンビ肉ジャーキー(協賛:ノルコーポレーション)

製作費わずか45ポンド(約5856円※2010年12月1日現在)で作られた『コリン LOVE OF THE DEAD』(3月5日公開)。

同作は、低予算とは思えない完成度の高さから国際マーケットで話題騒然となり、レインダンス映画祭最優秀マイクロ・バジェット映画賞をはじめ、数々の映画祭で賞を獲得、新たなる才能の誕生として世界の映画界を震撼させた。監督、製作、脚本、撮影、編集を一人で手がけるのは、圧倒的な演出力を評価され、既にハリウッドからオファーが殺到している注目の新鋭マーク・プライスだ。ゾンビの発生による世紀末的世界を舞台に、ゾンビとなってしまった青年コリンの主観で、壊れゆく世界の中を微かに残る記憶をたどりながら、彼が恋人との思い出の場所を目指してさまよう姿が切なくも哀しく、そして衝撃的に描かれていく。

本作の公開初日には、ゾンビもびっくりの魔界定番珍味“ゾンビ肉ジャーキー”がプレゼントされるという。また、前売券の特典には江戸木純監修による、ゾンビ映画の歴史や情報が満載の「“ゾンビ映画”の傾向と対策」という冊子も付いてくる。まさにゾンビ尽くし、ここは是非とも前売券を購入のうえ、初日に劇場へ足を運ぶのが良いだろう。【MovieWalker】

関連映画

関連映画ニュース