• NEWS

『ライオン・キング』「サークル・オブ・ライフ」日本版のシンガーが“RIRI”に決定!監督と主演も称賛の歌声を披露

2019年7月17日 04:00

19歳RIRIの圧巻の歌声を、ファブロー監督と主演のドナルドも絶賛!
19歳RIRIの圧巻の歌声を、ファブロー監督と主演のドナルドも絶賛![c]2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

1994年にアニメーション映画として誕生し、アカデミー賞作曲賞、主題歌賞を受賞した『ライオン・キング』が、実写もアニメーションも超えた“超実写版”として蘇り8月9日(金)より公開となる。そんな本作が生んだ名曲「サークル・オブ・ライフ」を、日本版オフィシャルソングとして、19歳の新人女性アーティスト“RIRI”が歌うことが決定し、楽曲とともにMVが解禁された。

本作では、主人公シンバの声をドナルド・グローヴァー、シンバの幼馴染ナラの声をビヨンセなど、声優キャストに世界最高峰のアーティストが名を連ねる。そしてエルトン・ジョン、ティム・ライスが作曲し、アカデミー賞にノミネートされた伝説的名曲「サークル・オブ・ライフ」の壮大さ、力強さを表現できる歌声の持ち主として、日本版オフィシャルソングを歌うアーティストに大抜擢されたのは、19歳の新人“RIRI”。日本人初のグラミー賞4部門受賞を目標とし、16歳からLAで数々のプロデューサーと制作を始めているRIRIは、なかでもビヨンセが大好きだそうで、まさにビヨンセを彷彿とさせるソウルフルで圧巻の歌声の持ち主。解禁されたMVも「サバンナの地平線から登る太陽や生き物の躍動する生命力をイメージして、思いを込めて歌った」と話すRIRIの歌声が、映画の映像と合わさる壮大な仕上がりになっている。

今回LAに渡航したRIRIは映画『ライオン・キング』のメガホンを取るジョン・ファヴロー監督と、本作で主人公のシンバ役を務めるグラミー賞アーティストのドナルド・グローヴァーと対面を果たし、なんと彼らの前で「サークル・オブ・ライフ」をアカペラで生披露!

RIRIが10代とは思えないパワフルでソウルフルな声で歌いだすと、監督とドナルドは彼女の才能に一瞬でその表情を変えた。歌い終えたRIRIに監督は「凄い!」と称賛。ドナルドも「『ライオン・キング』に出演したほうがいいよ!君、本当にビヨンセみたいだ。ヤングバージョンのね!」と大絶賛した。

インタビューを終えたRIRIは「“サークル・オブ・ライフ”は、生と死という意味だけでなく、愛でつながるっていう意味があると思います。自分には才能がない!とあきらめてしまう人に、映画を通じて自信をもって前に進んでほしいです」と語った。

映像、音楽、あらゆる分野で頂点を極めてきた『ライオン・キング』に、ハリウッドが認める次世代の歌姫RIRIが歌う「サークル・オブ・ライフ」が加わり、“キング・オブ・エンタテインメント”が一層盛り上がりを見せてきた!

文/編集部


関連映画

関連映画ニュース