• NEWS

山崎賢人×松岡茉優×行定勲監督がタッグ!又吉直樹の『劇場』が映画化決定

2019年7月16日 6:00

山崎賢人主演、ヒロイン松岡茉優で「劇場」が映画化!2020年に公開される

映画化やドラマ化もされた「火花」で第153回芥川賞を受賞した又吉直樹が2017年に発表し、単行本発行部数33万部を突破した長編小説「劇場」。劇作家を目指す主人公と、彼に恋し必死に支えようとするヒロインの7年間の恋を描いた恋愛小説が、このたび映画化されることが決定した。

中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田。前衛的な作風で酷評を浴び、劇団員との関係も悪い彼は、言いようのない孤独を感じる日々を送っていた。そんなある日、女優になる夢を抱き上京した沙希と出会い恋に落ち、一緒に住み始めた2人。沙希が自分の夢を重ねるように永田を応援し続ける一方で、永田は理想と現実との溝を埋めるように演劇に没頭していくのだが…。

主人公の永田を演じるのは、主演を務めた映画『キングダム』(公開中)が興行収入56億円を突破する大ヒットを記録し、この夏には『二ノ国』(8月23日公開)でアニメーション映画声優に初挑戦する山崎賢人。そしてヒロインの沙希を演じるのは『勝手にふるえてろ』(17)と『万引き家族』(18)で第42回日本アカデミー賞の優秀主演女優賞と優秀助演女優賞をダブル受賞した松岡茉優。

メガホンをとるのは『世界の中心で、愛を叫ぶ』(05)や『ナラタージュ』(17)などの恋愛映画の傑作を生みだしてきた行定勲監督。また脚本は、劇団「モダンスイマーズ」で20年以上にわたり作、演出をつとめ、2009年に「まほろば」で第53回岸田國士戯曲賞を受賞した蓬莱竜太が担当。蓬莱と行定監督は『ピンクとグレー』(16)につづくタッグとなる。

又吉が「恋愛がわからないこそ、書きたかった」という思いを胸に「火花」以前に執筆をスタートさせた、作家としての原点ともいえる原作小説が、日本を代表するスタッフ、キャストの手によってどのように映像化されるのか。6月初旬から演劇の聖地と言われる下北沢を中心に撮影が開始された『劇場』は、2020年に公開。続報に注目したい!

関連映画

関連映画ニュース

[c]原泰久/集英社 [c]2019 映画「キングダム」製作委員会| [c]2017『火花』製作委員会| [c]2017「ナラタージュ」製作委員会| [c]2015『ピンクとグレー』製作委員会| [c]2004「世界の中心で、愛をさけぶ」製作委員会