• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 吉岡秀隆と安田成美が未曾有の事故に挑む…!『Fukushima 50』第2弾キャストが発表
  • NEWS

吉岡秀隆と安田成美が未曾有の事故に挑む…!『Fukushima 50』第2弾キャストが発表

2019年7月10日 4:00

『Fukushima 50』の第2弾キャストが発表 | [c]2020『Fukushima 50』製作委員会

『64-ロクヨン-前編』(16)で第40回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた佐藤浩市と、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(公開中)など世界を股にかけて活躍する名優、渡辺謙が共演を果たした『Fukushima 50』が2020年3月より公開される。このたび本作に、吉岡秀隆と安田成美が出演することが明らかになった。

2011年3月11日に発生した東日本大震災によって起きた福島第一原発事故を描いた、門田隆将のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を原作にした本作。事故の現場でなにが起きていたのか?そして死を覚悟して発電所内に残った人々の、知られざる真実が浮き彫りにされていく。

吉岡が演じるのは、佐藤浩市演じる1・2号機当直長の伊崎利夫らのもとへ応援に駆けつけるプラントエンジニアで、福島第一原発5・6号機当直副長の前田拓実役。そして安田は、渡辺謙演じる吉田昌郎所長が指揮を執る免震重要棟の緊急対策室で総務班として作業員の安全確保に尽力する職員、浅野真里役を演じる。

『沈まぬ太陽』(09)などで知られる社会派映画の名手、若松節朗監督をはじめ、脚本にはNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の前川洋一、音楽には国内外で活躍する岩代太郎と、スタッフ・キャストともに実力派が勢ぞろいした本作。未曾有の大災害を経験した多くの人々、そしてこれからの日本の未来を担っていく若い世代に向けて、どのようなメッセージを伝えてくれるのか。本作の公開を心して待ちたい。

関連映画

関連映画ニュース

[c]2020『Fukushima 50』製作委員会