• TOP
  • ニュース
  • 俺に薬は必要ない!「グラップラー刃牙」原作者が白熱のトークショー
  • NEWS

俺に薬は必要ない!「グラップラー刃牙」原作者が白熱のトークショー

2010年12月31日 18:30

人気漫画家・板垣恵介が、代表作 「グラップラー刃牙」の誕生に秘められたエピソードを語ってくれた
人気漫画家・板垣恵介が、代表作 「グラップラー刃牙」の誕生に秘められたエピソードを語ってくれた

過激すぎる内容のため、長らく公開が見送られてきた作品ばかりを集めた“未公開映画祭”が、アップリンク・ファクトリーにて開催中だ。その中の上映作品『ステロイド合衆国 スポーツ大国の副作用』に合わせて、あの人気コミック「グラップラー刃牙」で知られる漫画家・板垣恵介と、日本ボディビル同盟の会長・玉利齊が会場に駆けつけ、トークショーを開催した。

本作は、アメリカでのステロイド使用の実情を、ステロイドを使用している兄弟が監督となって映し出したドキュメンタリー。プロスポーツ選手や医療のエキスパートたちへのステロイドに関するインタビューや、遺伝子操作で作られたステロイド牛など、衝撃的な映像が次々と映し出されていく注目作だ。

板垣は、取材を兼ねて格闘技やボディビルの大会を見に行くことが多いそうで、実際に会場で見たステロイド使用者の体について「ミスターオリンピアっていうアメリカで一番大きな大会に行った時は、本人たちもステロイドを使っているって認めていて、身長が176cmなのに体重は130kg、しかも体脂肪が2%という選手もいました。トップクラスの選手は、筋肉の筋を見せるために体脂肪を5%まで落とすから、常にふらふらの状態で、全然健康に見えないんですよね」と、その印象を語ってくれた。

また玉利会長は「日本のボディビルトップの選手で、国際競技でステロイドを使用した人は、この10数年の間で1人も出ていない。しかしアメリカでは、ほとんどの大会でドーピングが認められていて、ステロイドを多用しすぎて、試合後にばたっと倒れて死んじゃう人も結構います」と、恐ろしい副作用について教えてくれた。

そしてトークショーも終盤となり、「グラップラー刃牙」を描き始めたきっかけについて聞かれた板垣は「ボディビルダーを見た時に、なんで闘わないのか不思議に思ったんです。おしゃれして自分の姿に自信を持ったら街に出たくなるのと同じように、その体で闘いたくなるんじゃないか? と思ったのがきっかけですね」とコメント。さらに「もし最高の漫画が描ける薬があったら使いますか?」と質問されると「僕には必要ないですね!」ときっぱりと言い放ち、会場を大いに沸かせた。【トライワークス】

関連映画ニュース