• EVENT

舘ひろし、菅田将暉のモテ度に太鼓判!「初めて男に嫉妬を感じた」

2019年6月26日 19:54

菅田将暉、舘ひろしからの言葉に大喜び!「録画したい」

三田紀房の同名コミックを山崎貴監督が映画化した『アルキメデスの大戦』(7月26日公開)の完成披露試写会が6月26日に東京国際フォーラムで開催され、菅田将暉、柄本佑、浜辺美波、笑福亭鶴瓶、小林克也、橋爪功、田中泯、舘ひろし、山崎監督が登壇した。舘が「天才ですよ」と菅田を大絶賛。「この顔で、このスタイルで、あれだけ芝居がうまかったら、女にモテないわけがない!」と続けると、菅田が「うわ、館さんにそれ言われるなんて。うれしいですね!」と大喜びした。

『アルキメデスの大戦』豪華メンバーが仲よすぎ!笑顔が絶えなかった

第二次世界大戦を数学者の視点で描いた同名コミックを映画化した本作。1930年代を舞台に、アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍で繰り広げられる、“戦艦大和建造”をめぐる知略、謀略、そして数学を駆使した頭脳戦を描く。

100年にひとりの天才と呼ばれる数学者を演じた菅田は「ここに立てていることが光栄」と豪華キャスト陣を見渡して、感無量の面持ち。山崎監督と映画で初タッグを組んだが、菅田は「楽しかったですね」と山崎監督と顔を見合わせ、「山崎監督はずっとニヤニヤしている。誰よりも楽しそうで、『これやったらおもしろいんじゃないか』といろいろなことを想像している。監督が楽しそうなことって、俳優として一番うれしいこと」と熱気あふれる撮影となったという。

山本五十六役を演じた舘は「山本五十六という役は、本当に大きな役。本当にうれしかった」と大感激。役作りのために坊主頭にもしたが、「髪を切るくらい、どうってことない。本当に、本当にやりたい役」とうれしくてたまらない様子だ。

共演した菅田については「天才。本当にすばらしい」と評した舘。「初めて男に嫉妬を感じた」というほどだが、隣で聞いていた菅田は「本当ですか、よく言いますよ!」と笑いながら、「これ、録画したい」とニンマリ。DJとしても長年活躍する小林から「声がいい」と言われるひと幕もあり、菅田は「舘さんに『モテる』と言われ、克也さんに『声がいい』と言われるなんて。今日はすごいな」と照れまくりだった。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 [c]三田紀房/講談社| [c]2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 [c]三田紀房/講談社| [c] 本多孝好・PAGE-TURNER/tv asahi| [c]2018「終わった人」製作委員会