• GOSSIP

「ロード・オブ・ザ・リング」主役、童顔のまま顔がパンパンに!?

2019年6月28日 19:15

超売れっ子だった、当時20歳のイライジャ・ウッド | 写真:SPLASH/アフロ

J.R.R.トールキンの「指輪物語」を実写化したピーター・ジャクソン監督の3部作、『ロード・オブ・ザ・リング』(01)、『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』(02)、『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』(03)で主役のフロドを演じたイライジャ・ウッドももう38歳。

「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフも同様だが、イライジャも、シリーズものの大ヒット作で主役を演じたことで、その印象がそのまま人々の脳裏に焼き付いてしまいイメージ脱却が難しくなっている俳優の1人。その後のキャリアが難しく、スクリーンで拝めることが少なくなってしまった。

そんなイライジャが、シドニーで開催されたスーパーノヴァ・コミコンに出没。ジーンズに花柄の白いシャツの上からバーガンディのセーター、ブルーグレーのジャケットという出で立ちで、童顔は健在だがボディは少し太め、ショートヘアにひげを蓄えた顔はまん丸に。

また、かなりくたびれた感のあるジャケットや、セーターに穴があいていたりシミが付いているのを見つけたネットユーザーたちからは、「童顔のまま、おじさんになっちゃった」「顔がまん丸だけど、さすがにボトックスはやってないよね?」「時は残酷」「シリーズで儲けたお金は使っちゃったのかな?」といった驚きと憐みの声が。

しかし一方で、「わりとまともに年を取ってると思うけど」「一線で活躍してない俳優としては普通」「変になっていないだけ素晴らしい!」「あんまり変わってない」という擁護の声もあるようだ。

NY在住/JUNKO

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ| [c] 2019 Twentieth Century Fox