• EVENT

吉田鋼太郎、エゴサーチ「1日5回」大杉漣からのバトンタッチにプレッシャーも

2019年6月22日 16:50

坂口健太郎&吉田鋼太郎が親子役で共演!

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の公開記念イベントが6月22日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、坂口健太郎、吉田鋼太郎、佐久間由衣、山本舞香、佐藤隆太、財前直見、野口照夫監督、山本清史監督が登壇した。坂口と吉田がダブル主演を務めて親子役を演じたが、父親役の吉田が「エゴサーチをたくさんする。1日5回くらいやる」と告白。「映画の前にドラマがあった。ドラマ版では、僕の演じた役をやられていた大杉漣さんが、残念ながら向こうへ行ってしまった。『大杉さんのイメージがある、壊すな』『吉田鋼太郎ってどうなんだ』というつぶやきも多数、見ていた。それにおびえていた」とプレッシャーがあったことを明かした。

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の公開記念イベントが開催された

本作はオンラインゲームを通して絆を取り戻していく親子のエピソードをつづり、テレビドラマにもなった人気ブログを映画化した家族ドラマ。「おびえていた」という吉田だが、映画が公開されると「『鋼太郎さんのもよかった』と言ってくださる方もたくさん見受けられた。ちょっとホッとしています」と安堵の表情を見せていた。

息子役の坂口も、“エゴサーチする派”だそうで「“坂口健太郎”でも調べるし、“光のお父さん”でも調べる」とニッコリ。「本当にとても評判がよくて。おもしろかった、感動したという、温かい言葉を発信してらっしゃる方も多い。とてもうれしい」と喜びつつ、「ちゃんと皆さん、ネタバレをしないでいてくれている。核心の部分を言わずに、オススメしてくれるコメントが多いのでうれしいです」と感謝していた。

「クライマックスのシーンが好き」という点でも一致していた坂口と吉田。撮影の終盤にクライマックスシーンを撮ったそうで、坂口は「いろいろな感情があふれた。とても思い入れがある」としみじみ。吉田も「坂口くんの顔が浮かんできた。たまらない気持ちになってきてしまった。大好きなシーンです」と胸を打たれていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会 [c]マイディー/スクウェア・エニックス| [c] 2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会 [c] 1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.| [c] 2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会| [c]2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会[c]マイディー/スクウェア・エニックス| [c]テレビ朝日| [c]2017 Twentieth Century Fox