片寄涼太、声優初挑戦の作品で海外映画祭デビュー!「ドキドキするけど胸を張って歩きたい」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2019/6/21 19:54

片寄涼太、声優初挑戦の作品で海外映画祭デビュー!「ドキドキするけど胸を張って歩きたい」

片寄涼太、海外映画祭デビュー!
片寄涼太、海外映画祭デビュー!

『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』(ともに17)などの鬼才、湯浅政明監督の最新オリジナル劇場アニメーション映画『きみと、波にのれたら』の初日舞台挨拶が6月21日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、声優を務めた片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎、湯浅監督が登壇。上海国際映画祭のレッドカーペットと舞台挨拶への出席が決まった片寄が、「ドキドキするけれど、胸を張って歩きたい」と海外映画祭デビューの意気込みを語った。

『きみと、波にのれたら』は公開中
『きみと、波にのれたら』は公開中

本作は消防士の青年である港(片寄)と、サーファーの大学生ひな子(川栄)との運命的な恋を描く青春ラブストーリー。公開初日を迎え、片寄が「いかがだったでしょうか?」と語りかけると、上映後の会場から大きな拍手が沸き起こった。片寄は「うれしいですね!」と笑顔を弾けさせ、「僕も大好きな映画になった」とコメント。本作で声優に初挑戦したが、「自分にとっても初めて声優をできたのが、この作品で本当によかったと思える、胸を張ってステキだなと思える作品」と晴れやかな表情を見せていた。

開催中の上海国際映画祭において、金爵賞アニメーション長編部門にノミネートされた本作。23日に行われる公式上映とレッドカーペットに、片寄が出席することになった。「なんで誰もついてきてくれないんだろう」とさみしげな表情を見せた片寄だったが、湯浅監督から「スターが行ったほうがいい。宣伝をよろしく」と任されると、「(中国は)自分にとって一番、行っている国かなと思う。今年で上海は2度目。そういった国に、初めて声優を務めさせていただいた作品が届けられるのはうれしい」とニッコリ。海外映画祭への参加は初めてとあって、「ドキドキしますが、せっかくなので皆さんの分も、しっかりと胸を張って歩いてきたい」と意気込んでいた。

松本穂香を描いたイラストを披露
松本穂香を描いたイラストを披露

またこの日は、「一歩踏みだして挑戦してみたいこと」をイラストに描いて発表することに。片寄は、松本穂香を描いたイラストを披露した。なんでも松本がインスタグラムで実施している企画「週刊 松本穂香」に出たいそうで、「僕、実は松本穂香さんという女優さんを知ったのが、インスタグラムだった。この企画を見て、すごいおもしろいことをやっている人がいるなって思って。ルービックキューブと会話するとか、シュールな企画をやられていて、癖になるんです」と熱弁し、「松本さんのインスタのファンだった」と告白。「この夏は勇気を出して(『週刊 松本穂香』に)出たい」と望むと、松本は「じゃあ、一緒に!」と快諾して、片寄を喜ばせていた。

取材・文/成田 おり枝

関連作品