• TOP
  • ニュース
  • 青春とHがテーマの映画シリーズ・青春H!2011年も過激作が続々公開
  • NEWS

青春とHがテーマの映画シリーズ・青春H!2011年も過激作が続々公開

2011年1月20日 21:00

カレー好きな男がとんでもない目に会う『カレーのにおい』
カレー好きな男がとんでもない目に会う『カレーのにおい』[c]2010アートポート

「青春とHが盛り込まれていれば、何を撮ってもOK」というルールのもと、『making of LOVE』『ゴーストキス』『ピラニア』など、数々の衝撃作を生み出し続ける映画シリーズ『青春H』。今年も過激さを増した意欲作が続々と公開される。

まずは1月22日(土)より公開される、カレー好きな男の身に起こる悲劇と喜劇を描いたスクリューボールコメディ『カレーのにおい』。本作の主人公は、複数の女性と関係を持つ男・藤瀬。彼が付き合う相手を選ぶ基準、それは“おいしいカレーが作れること”だった。だが、そんなある日、藤瀬はカレーが嫌いな女性に恋をしてしまう。

続いて1月29日(土)より公開されるのは、奇妙な三角関係を題材にした『イチジクコバチ』。父親に監禁され学校にも行けず、生活のために援助交際を強要される少女・みつ。だが、雇い主の青年・慎吾との間に、愛とも同情とも取れる感情が芽生え始めた時、3人の関係は崩れ、予想もつかない結末へと転がり出していく。

どちらの作品も、練り込まれたストーリーと官能的なシーンが楽しめる、見応え十分な内容に仕上がっている。また両作品とも上映時間は74分と、気軽に楽しめる尺になっているので、ちょっと変わった映画を気軽に楽しみたい人には、まさに最適なシリーズだと言えるだろう。【トライワークス】

関連映画ニュース