• NEWS

内田有紀ファンを公言する成宮寛貴に対し、「またその話?もう困ってしまう」と苦笑い

2010年12月20日 17:20

『ばかもの』初日舞台挨拶に登壇した、左から、内田有紀、成宮寛貴、金子修介監督
『ばかもの』初日舞台挨拶に登壇した、左から、内田有紀、成宮寛貴、金子修介監督[C]2010「ばかもの」製作委員会

芥川賞作家・絲山秋子の代表作を完全映画化した『ばかもの』(公開中)の初日舞台挨拶が12月18日、有楽町スバル座で行われ、出演者の成宮寛貴、内田有紀、金子修介監督が登壇した。

無事に公開初日を迎えた成宮は「公開までに少し時間がかかったので、『やっとこの作品を世の中の人に見ていただけるんだな』と、嬉しさでいっぱいです」としみじみ。原作を読み、ヒロインの額子に惹かれたという内田は、「額子は言葉遣いも荒いし、態度もぶっきらぼうだけど、内面の女性としての繊細な部分や恥ずかしいとか素直に甘えられない部分などがとても愛おしく思えました」と印象を語った。成宮は原作について、「読み物として、すごく面白かったです。映像化するにあたって、撮影も短期間ですし、『10年間を演じることが自分にできるのか?』と不安で、それを克服するのに時間がかかりました」と不安を抱えていたことを明かした。自身の役柄について、「ヒデは最初、額子という美しい女性に惚れて、器の小さい若者なんですけど、それから10年経って、対等に額子を支えることができるようになるまでを演じたので、『頑張れ!』と思って演じていたし、応援したくなるようなかわいい奴だと思いました」と話し、思い入れが強かったようだ。

以前から内田のファンだと公言している成宮へ、内田との共演について問われ、「もう中学の頃からのファンで」とコメントすると、内田は「またその話? もう困ってしまう」と苦笑い。それに負けじと成宮は、この日髪を切ってきた内田に対し、「僕の学生手帳に入れていた内田さんの写真の髪型にそっくり」と惚れ惚れ。

お気に入りのシーンを成宮は「額子とたくさん体を重ねていくシーンで、本番と言われてすぐに『カット!もう一回!』と言われた時、どこが悪かったのかなと思いました(笑)。僕が好きなシーンは、最初の方に出てくる、額子を背中から抱きしめているシーンで、“ヒデの目線と額子の目線が違う、目指している方向が違う”という心情を表しているシーンです」と話し、内田は「入浴シーンです。監督もこだわっていましたし、私も成宮くんも『すごく難しいよね』って言っていて、小説で読むことと、映像で具現化することは、人のイマジネーションを壊すことにもなってしまうため、難しいシーンだったんですが、それを監督と成宮君と信頼で乗り切れたので思い入れがあります」と振り返った。【MovieWalker】

関連映画

関連映画ニュース