• TOP
  • ニュース
  • 桜庭ななみ号泣!「このやろう!と思ったが監督に感謝」
  • NEWS

桜庭ななみ号泣!「このやろう!と思ったが監督に感謝」

2010年12月18日 13:23

『最後の忠臣蔵』の初日に桜庭ななみが杉田監督の手紙に号泣!
『最後の忠臣蔵』の初日に桜庭ななみが杉田監督の手紙に号泣!

忠臣蔵の吉良邸討ち入り事件のその後を描く『最後の忠臣蔵』(12月18日公開)の初日舞台挨拶が、12月18日に丸の内ピカデリーで開催。登壇した役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、杉田成道監督は、それぞれがサプライズの手紙をもらって感激し、会場までもらい泣き状態となった。

「四十七人の刺客」で知られる池宮彰一郎の時代小説を映画化した本作は、武士の忠義を描く忠臣蔵を、事件で生き残ったふたりの武士の目線から描いた感動作だ。国民的ドラマ「北の国から」で知られる杉田成道監督のメガホンで、 役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみが熱演を見せる。

主演の役所は「昨年の今頃は撮影をしていました。完成して全国を回り、やっと初日を迎えられ感謝しています」と挨拶。佐藤も「いつもなら軽口を叩くんですが、この映画の感動を無にしてはいけないと思うので控えます」と笑顔でコメントした。

この日は、俳優3人に、スタッフからのサプライズの手紙が用意された。役所には本作の美術を担当した西岡善信から、佐藤には脚本家の田中陽造から、そして桜庭には杉田監督から。読み上げられた手紙に感動した役所は、「若造の時からお世話になった西岡さんから手紙をもらって感激です」と語り、佐藤も「27年ぶりに田中さんの本に参加させていただき、ありがたかった」と、感慨深い表情で話したが、最後の桜庭は、手紙の音読を聞いている段階から号泣。

杉田監督の手紙は「随分年の離れた大人たちの中で、君は本当によく頑張りました。暗闇を手探りでやっていく姿は健気で美しく、僕ら大人たちの心を打ちました」という彼女の奮闘をねぎらう内容で、桜庭は大感激だった。「監督にはクランクインの1ヶ月前から、発声から1シーン1シーン丁寧にやってもらいました。誕生日の日も、夜中の11時までリハーサルをされて『このやろう!』と思ったこともありましたが、こうやって初日を迎えられたのは、本当に監督のおかげだなと。現場では役所さんや皆さんが支えてくださいました。本当にありがとうございました」と、涙で顔をくしゃくしゃにして語る桜庭。

彼女が続けて「役所さん、佐藤さん、監督、映画の公開が終わっても、私のこと、忘れないでください」と泣きじゃくりながら言うと、役所は「鼻、フンとしなさい(かみなさい)」と苦笑いし、「こんなベタな演出になってるとは。さすが杉田組!」と語った。

会場の観客やマスコミ陣も胸を打たれた『最後の忠臣蔵』の舞台挨拶。キャスト、スタッフのあふれる思いが詰まった本作で、改めて時代劇の底力を感じとってほしい。【MovieWalker/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース