松山ケンイチ、台湾上陸するも次に行きたい場所は「ノルウェーです!」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2010/12/17 14:30

松山ケンイチ、台湾上陸するも次に行きたい場所は「ノルウェーです!」

単行本と文庫本を合わせた国内発行総累計部数1095万部を突破(12月時点)した『ノルウェイの森』(公開中)は、12月16日より世界中で次々と初日を迎えた。台湾では12月17日(金)からの公開にあたり、主演の松山ケンイチが、15日に行われたプレミア試写会と16日の記者会見に出席するため、訪台を果たした。

台湾・松山空港に降り立った松山に黄色い歓声がわき上がり、松山はファンとの写真撮影に気さくに応じた。プレミアセレモニーでは多数のファンやプレスが集まる中、クリスマスツリーが用意されたステージに上がった松山は「僕は松山ケンイチです。メリークリスマス!」と北京語で挨拶。ツリーにはプレゼントがふたつかかっており、台湾で有名なお寺・龍山寺のお守り(仕事・恋愛・交通安全の3つ)と、台湾の民族風のマフラーがプレゼントされた。熱烈な歓迎を受けた松山は「台湾に来るのは『L change the WorLd』(08)以来、二度目になりますが、『ノルウェイの森』を経験して、心も体も一回り大きくなって台湾に来られたので嬉しいです」と訪台を喜んだ。

翌16日には台湾の映画監督ホウ・シャオシェンがプロデュースした、台湾人にとって文化的でアート性の高い場所、台北フィルムハウスにて記者会見が行われた。台湾の印象を問われた松山は、「台湾料理がすごくおいしいですね。あっさりした味付けが好きなので、自分の口に合います」と、すっかりお気に入りの様子。台湾の誇りと言われるリー・ピンビンの印象を「良い意味で職人という印象。現場ではあまり話さなく、寡黙な方。ただ、カメラがとらえているものは本当に素晴らしいです」と語った。最後に「また台湾に来たいです」とコメントし、「次、別の国にキャンペーンに行けるとすれば、どこに行きたいか?」と質問されると「ノルウェーです!」とはっきり答え、ノルウェー行きを希望した。【MovieWalker】

関連作品

  • ノルウェイの森

    2.6
    6
    松山ケンイチ、菊地凛子共演で、村上春樹の同名ベストセラー小説を映画化